2017.05.30 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

鬼柳鬼剣舞 一番庭 @ 鬼の館芸能公演

さて本日は、鬼の館芸能公演から鬼柳鬼剣舞さんで一番庭です。

一番庭は礼舞とも称し、白面を先頭に八人踊りで、全演目の基本的要素が入った踊りということです。

オカドの寄せから庭入りし、左手は剣舞差しの刀の柄を握り、右手には開扇をとって引き念仏と掃き念仏で緩やかに踊る。



拍子変わって扇を回しながら大きく踊る、この辺は一番庭の華やかな部分で、掛け声も一段と高くなり勇壮さが増して、正に鬼剣舞の本領といったところです。

IMG_3808.jpg

鬼の館での鬼剣舞公演は外の舞台が本来のものですが、この日は芝生のコンディションが悪いため中での公演となりましたが、間近で12人舞をみると、かなり迫力があり、鬼たちの荒々しい息遣いまで聞こえてきて、これも良しとするところです。

IMG_3812.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.05.30 |

2017.05.29 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

鬼柳鬼剣舞 一人加護 @鬼の館芸能公演

さて、本日は昨日行われました北上市立鬼の館の定期芸能公演から鬼柳鬼剣舞です。
鬼の館では、今年1年の毎月公演についてそれぞれテーマを設けて構成しているとのことで、5月は「さなぶり~豊作祈願」ということなそうす。

ということで、まずは鬼柳鬼剣舞さんの由来について当日パンフレットより

「昭和16年、岩崎鬼剣舞の流れをくむ長沼鬼剣舞の経験者で、鬼柳町六軒地区に婿入した菅原悌氏を中心に「六軒鬼剣舞」として発足しました。昭和26年に岩崎鬼剣舞の指導を受け、昭和29年には「鬼柳鬼剣舞」と改称し、平成4年に秘伝書を伝授されました。伝承されている六軒地区には明治時代の作と見られる面が伝承されており、岩崎に隣接しているため早くから踊組ないし踊手がいたのではないかとも推測されています。」

ということです。

IMG_3793.jpg

鬼柳鬼剣舞では、少年組の育成にも力を入れているとのことです。
この日の出演メンバーも、一軍、め組(女性のみのグループ)、少年団からの選抜のようでした。

IMG_3792.jpg

さて最初は一人加護です。
別名を一人偉者とも称され、四方に反閇で踏み鎮めて五穀豊穣・悪霊退散を祈祷する舞ともいわれています。
寄せに続いて白面の舞手が躍り出て跳躍し扇の舞

IMG_3794.jpg

続いて抜刀しての刀の舞

IMG_3799.jpg

最後に素手の舞となります。
この日の学芸員さんの開設では、この素手の舞の中で米蒔きの所作が入るということでした。
この日のテーマ「さなぶり」に相応しい演目といえます。

IMG_3802_20170529215734196.jpg

動画でどうぞ。



テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.05.29 |

2017.04.19 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

御免町鬼剣舞 @江釣子火伏祭

さて本日は、江釣子神社春季例祭の火伏祭の続編です。
ほんとに行き当たりばったりでうろついていると、鬼剣舞の皆さんが空き地に集まってきたので寄って話を伺うとこれから奉納するというので、早速飛びつきました。
御免町鬼剣舞の皆さんです。

お話を伺うと、この日は朝から夕方まで地区内を門付けして歩くということ。
この奉納があると春が来たなという感じなのだとか。



江釣子八区の天照御祖社での奉納です。

まずは、神名が刻まれた巨岩の前で神社拝礼念仏をあげます。

〽 参り来て これの身号を拝すれば 諸願成就と 建てた堂なり 南無阿弥陀仏

IMG_2497_201704192150365e0.jpg

続いて、二番庭。
神社に参拝する際に、最初に振り込む舞ということです。

〽 デント デンガラ シャンシャンシャン の拍子で「出掛かり」で舞い込む。

IMG_2499_20170419215038eae.jpg

扇を回しながら軽やかに舞う姿は、正に春の訪れを寿ぐに相応しい剣舞といえます。

・・・と、、剣舞の拍子に重なるように、もう一つ別の拍子が聞こえてきましたが、それは明日のブログで。


IMG_2504.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.04.19 |

2017.03.29 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

市野々念仏剣舞 先剣舞・カッカタ怒物@第50回胆沢郷土芸能まつり

さて本日は、第50回胆沢郷土芸能まつりから市野々念仏剣舞さんで、先剣舞・カッカタ怒物です。

その前に市野々念仏剣舞さんの由来について

「明治10年、上衣川の高橋左衛門から市野々の阿部七右衛門、安倍長蔵が伝授され、明治44年に両名から安倍五八郎へ相伝した。曲目には先剣舞、刀引き、引き剣舞の三種が表芸としてあるという



最初に胴取の2名が舞台中央に立ち、廻向念仏を上げながら太鼓の曲打ちをします。

IMG_2198.jpg

ついで、刀舞が勇壮な先剣舞にと入っていきます。

IMG_2204_20170329194830730.jpg

念仏剣舞と称するとおり、お盆期間中は自らのことより浜の各屋敷から初盆等の祖霊慰撫、また一家の屋敷の災厄乗除や、家族のむb表息災、果ては商売繁盛までも祈祷して回る。

IMG_2211.jpg

先剣舞の後に、カッカタと云われるサルコ(釈迦如来の化身)が出て一人舞となる。

先剣舞の最後に二人狂いの鬼が床に☓状に置いた金剛杵を、軽やかに足を交差させながら踏み込む。
これは、六三の足次に似ているような感じがする。

IMG_2218_201703291948335b9.jpg


動画でどうぞ。


テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.03.29 |

2017.03.28 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

新里念仏剣舞 四番庭@第50回胆沢郷土芸能まつり

さて本日は、第50回胆沢郷土芸能まつりから新里念仏剣舞さんで、四番庭です。

その前に新里念仏剣舞さんの由来について

「明治9年化粧坂念仏剣舞の石川勇三郎・村上善太郎の両氏より鴫田の千田新左衛門等が伝授されて始まりました。
今なお、高館物怪独特のものと思われる念仏を唱えてから踊り始めるという形を崩さずに実行しています。
新里念仏剣舞が伝える剣舞の由来は2つあります。
一つは、今から1000年以上も前の平泉・達谷にまつわる赤頭悪路王と坂上田村麻呂の伝説に基づくものです。
もう一つは、大同3年出羽・羽黒山の法印山伏が、お堂にこもって念仏謹行していると、ある夜2人の老人が現れ、衆生済度の要は踊りの面白さをとおして導く方法が最善であると教えられ、その踊りと囃しを伝授されたことに始まるというものです。」

ということなそうです。現在の代表は菅原久さんです。



新里念仏剣舞の保持演目は一番庭、二番庭、三番庭、四番庭、一人怒物、三人怒物、八人怒物等となっている。

この日の四番庭は鬼が抜刀して勇壮に舞うのが特徴という。

IMG_2175.jpg

この日は、大人たちの踊り手に混じって小学校4年生と5年生のこどもたちが見事に踊っていました。
頭の上の采がポンポン玉みたいで可愛いですね。

IMG_2177_20170328205830d68.jpg

また、新里念仏剣舞の伝書「遊びの由来」にかくあり

「さて、遊びの由来を委しく尋ね奉るに、釈迦如来の御方便まで多宝仏現し給ひて、七月十四日に壱百参拾六地獄の釜の蓋開く間に亡者を弔い、然れども獄卒慰まんが為に五百羅漢が太鼓笛鉦の拍子で踊りを始め給ふ也。
また、施餓鬼は目蓮尊者の始め給ふ。一度死した人間に還ることなければかくように弔い候えと。
との心地、師匠親兄の冥加の為にて候、委しくは盂蘭盆教に見えたり」

つまり、念仏剣舞は盂蘭盆に先祖供養を中心とする諸霊慰撫の芸能だということがわかります。

IMG_2180.jpg

太刀入りとして「狂をもって四人躍口伝あり」としている。
ともあれ、勇壮な中にも華やかな趣をもつ四番庭でした。

IMG_2194_201703282058265d2.jpg

動画でどうぞ。


テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.03.28 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -