2014.08.28 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

大森神楽 岩戸開き@ 南部神楽フェスティバル

さて、本日は大森神楽さんの岩戸開きについてです。

その前に大森神楽さんの由来について

「大森神楽は昭和45年7月、当時の衣川村立衣川小学校大森分校教諭の佐々木久雄(直木賞作家、三好京三)氏と当時衣川村の教育長で大原神楽の師匠、小坂盛雄氏が中心となり、分校の児童に神楽を伝授したのが始まりである。その後学校教育と関わりあいながら活動し、児童全員に踊り伝えられてきた。平成10年3月に大森分校が閉校になり、保存会としてスタートした」

とあります。現在の代表は菅原静香さんです。



天児屋根命です。

DSC07434_2014082822054863c.jpg

天児屋根命の呼び出しによって躍り出る神々。
天手力男命です。

DSC07468.jpg

そして、天照皇大神が出現すると千代の御神楽となるのですが、面を外して装束を整える間に胴取さんの技の見せ所となります。

いやー、吉訓さんの撥グルマ久しぶりに見せていただきました。
気迫のこもった撥さばきは相変わらずみごとです。

DSC07525.jpg

そして、大森の崩し舞です。この日はベストメンバーが揃って気迫の籠もった舞となりました。大拍手です。

DSC07619_20140828220752177.jpg

姉妹並び立っての崩し舞です。

DSC07548.jpg

健太郎君 パワフルな舞です。また今度は山ノ神 頼まっちゃ。

DSC07627.jpg

動画でどうぞ。


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2014.08.28 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -