2014.04.28 | Comments(2) | Trackback(0) | カテゴリシシ踊り

伊藤流行山鹿踊 礼庭 三人狂い @日高火防祭前夜祭

明日は奥州市水沢区の日高日高祭ですので、本日夕刻にはその前夜祭が行われました。

祭町組によっては本来の火伏せ祈祷の門付け等もありますが、一般的には観客向けに様々なイベントが毎年趣向を凝らして開催さてています。

その一つが、水沢区でも数少ない民俗芸能である鹿踊の公演です。

今日は伊藤流行山鹿踊と奥野流富士山麓行山鹿踊の二団体が出演しました。

その中空伊藤流行山鹿踊についてです。




伊藤流行山鹿踊は、岩手県奥州市水沢区羽田芦ヶ沢に伝承される鹿踊で、昭和5年に一関市東山町田河津松山満五郎から羽田芦ヶ沢の小野寺栄三郎に伝授されたものであるということです。

IMG_5261.jpg

装束は、中立ちのみ前幕に輪違い紋に前袴は源氏車を付け、側鹿は井桁に九曜紋に前袴が笹紋。
ナガシは中立ちは倶利伽羅紋で他は昇り龍となっています。
この日は雌獅子が欠けていましたので確認はできませんでしたが、中立ちと同じと思います。

IMG_5239.jpg


保持する演目は礼舞、二人狂い、三人狂い、鉄砲踊り、案山子踊り、鹿島、土佐、雌獅子隠しとあります。
しかしながら、踊り組の方に話を伺いましたが、最近は出演する機会があっても時間制限があり、役踊りといっても三人狂いしかできなくなってきているということです。

IMG_5264.jpg

保存会のメンバーは11人いて、最年少は32歳の青年が地元に帰ってきてから保存会に入って踊っているということでした。
今年の秋には京都の清水寺で阿弖流為に因んだ行事に参加しての奉納演舞を行う予定とのことです。
是非頑張って欲しいです。

IMG_5265.jpg

動画でどうぞ。


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2014.04.28 |

コメント:

数年ぶりです。

 以前コメントをしておりました。
 転勤やらでネット回線を変えたりしてすっかり時間がたってしまいました。
 見せたい鹿踊りがあるのですが、人手不足で御覧に入れることができません。一度お話をお伝えしたいです。

2015-09-25 金 22:36:03 | URL | 然龍 #- [ 編集]

Re: 数年ぶりです。

然龍様コメント頂きありがとうございます。
鹿踊も多様な伝承がありますね。
また、現在では廃絶して実演が見られないものも多々あります。
そんな時、古いフィルムやビデオがあればいろいろと分析できますね。
是非よろしくお願いします。

2015-09-26 土 08:58:55 | URL | 祭りの追っかけ #- [ 編集]

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -