2014.04.16 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭り

桜田山神社春季例祭① 山車行列~神事

そんな訳で、先日の日曜日に岩ヶ崎の互市を見た後に、桜田山神社春季例祭見物と行きましたので、そのリポートを。

ここは栗原市栗駒の南方に鎮座する桜田山神社の氏子地域で、近くには古代の城柵である伊治城跡が残る歴史的な場所です。

その伊治城集会所にて12:30頃に桜田上組が集合し、開会式で桜田囃子と手踊が行われた後、13:00に下組も合流して、桜田山神社までの道のりを行列となる。

DSC09078_20140416220641aee.jpg

山車は子どもたちが中心に綱を引き、山車の内部では桜田囃子が演奏され、沿道で見送る住民の皆さんが手を振って見送る。

DSC09085.jpg

二迫川にかかる橋を渡ると、桜田山神社の大きな鳥居が見えてくる。

DSC09104.jpg

この日は少し風の強い日でしたが、暖かな春の陽射しが降り注ぎ、文字通り桜の花が咲き始めた山里が祭り囃子に浮き立つような午後のひとときとなりました。


DSC09119-001.jpg

桜田山神社について「宮城県神社庁」サイトより転載


「山神社は、人皇第25代武烈天皇に仕える狩野掃部之祐及び久我大連の両名が西暦506年12月8日天皇崩御の後、故あって東駒形山の麓に巡礼に参り天皇を追想して御影を建社し、これを山神社と尊称した。明治12年6月に村社に列し、同41年12月に桜田中屋敷の八幡神社を合祀する。大正15年7月幣帛供進社に指定される。社殿は、天喜及び天正の時代と明治16年に火災に遭遇しました。特に明治時代の火災の際は、拝殿と古文書等が焼失し本殿と社額(文化10年制作)のみが残った。地区内外の氏子・崇敬者を始め多数の信者の寄進により、白木流造りの彫刻付き(唐棟風)、御拝柱は勾欄付き、天井は絵で装飾(絵は寛政3年制作)の神明造りの拝殿を大正13年10月に起工し、大正14年4月に完成した。社殿は、昭和61年10月に栗駒町有形文化財(平成17年4月には栗原市有形文化財)の指定を受けている。また、境内地内には、「親子桜」・樹齢二千年(大正4年5月30日発行の宮城県林業資料参照)の「子桜」が立っており、歴史的に価値ある樹木として氏子から保存菅理されている。また、栗駒町有形文化財の指定受けている「桜田ばやし」は、山神社の春の大祭時に奉納し、各方面から多数の見物者が来訪して五穀豊饒・無病息災等を始め古来からの安産の守護神として信仰を集めている。」



DSC09127.jpg

そしてこの神社の宮司さんは先ごろお亡くなりになった狩野勉さんで、そのお子さんが二人おられました。
兄は狩野英孝さんです。言わずと知れたイケメン(?)タレントです。
そして今回宮司を勤めたのは弟さんの狩野孝彦さんです。(狩野b孝というネームで放送作家をしているそうですが)

父親の逝去にともなって宮司不在となっていましたが、弟さんが資格の勉強をされて、直階4級を取得したので、この日神主デビューとなったということです。

(右側の赤い装束の方)
DSC09123.jpg

兄の英孝さんも8月に資格受講を開始する開始することなそうですので、ご兄弟力を合わせて頑張ってほしいと思います。

DSC09153-001.jpg

境内で繰り広げられた桜田はやしの様子は明日お伝えいたします。


動画でどうぞ

関連記事

テーマ:お祭り&行事 - ジャンル:地域情報

2014.04.16 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -