fc2ブログ
2012.01.12 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭り

農はだて7

1月11日は農はだて(農作業はじめ)ということで。
これは一関地方の様子ですが
朝3時に起き前日に用意した藁を横にした臼の上でツヅボ(槌棒)で打って柔らかくする。
その音が隣近所に響き、早起きを競った。それを台所で荷鞍モドツ(元綱)六尋半を一組、背負モドツ三尋半をに2~3本あるいは稼ぐ人の人数分を左綯い三繰りかけ、8時頃までに綯い上げる。綯ったモドツを淡路結びにして壁にかけ出来栄えを競った。上手な人は梁桁まで直立するぐらい堅く綯った。
ということである。
他に、草鞋やつまご、ケラなど作ったり肥やし出しの真似事をしたと。

で、胆沢恒例の「全日本農はだてのつどい」は、2月11日に開催とのことです。
このイベントは開催内容を変えながらも、もう23回を数える。
内容も農村地帯にふさわしい内容で、縄ない、餅つき、庭田植え、鹿踊り(都鳥と供養塚)そして日本一の福俵引きと、冬を満喫できる内容です。皆さん是非お越しください。

IMG_00012.jpg

IMG_00022.jpg

奥州市観光情報サイトへ←

関連記事

テーマ:お祭り&行事 - ジャンル:地域情報

2012.01.12 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ