2013.10.17 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

足立稲田姫神社神楽 片剣の舞

今日は十三夜です。寒い夜ですが月が冴え冴えと輝いています。明日の朝は霜が降りるかも。

さて、本日は足立稲田姫神社神楽さんの片剣の舞についてですが、その前に仙台地方の十二座神楽について少しだけ書いてみます。

本田安次は「宮城県の神楽と舞踊」の中で、仙台市通町熊野神社の神楽について「岩戸神楽」と定義し、出雲佐陀大社の七座の神事と神能を基としているようだと言っている。
そして、通町熊野神社の社伝によれば宝歴七年に始まったとされるここの神楽を先代地方の神楽の濫觴としている。

また、今ひとつの熊野修験が導入したと思われる名取郡高舘村熊野堂(現名取市)の神楽である。
この神楽は、仙台市周辺部から福島県北部の神楽に伝承したとされる出雲流神楽の原点となっているようです。

千葉雄市の「宮城県の民俗芸能(2)」の中でこの地方の神楽を4つの系統に分類している。

1、仙台神楽 
   通町系 通町熊野神社神楽、仙台東照宮神楽
   丹波神楽系 木下白山丹波神楽、七郷神社神楽、榊流青麻神社神楽、塩釜神楽、榊流永代神楽
   秋保混合系 秋保神社神楽、馬場愛宕神社神楽
 
2、熊野堂系 
   熊野堂社家系 生出森八幡神楽、箕輪神楽
   熊野堂蔵王修験系 牛袋神楽、中浜神楽、神明神楽、足立稲田姫神社神楽、菅生神楽、小泉熊野神楽 等
3、道祖神系 道祖神神楽、早股熊野神社神楽、沼辺八幡神社神楽、永野八雲神社神楽
4、松沢山修験系 竹ノ内神楽、坂元神楽

   現存58団体あるという。

そういう訳で、この足立稲田姫神社神楽は熊野堂蔵王修験系ということなようです。

さて、演目の片剣の舞ですが、他の十二座神楽組では1本剣の舞とか言われて、猿田彦神の舞とされ、熊野堂神楽では宮鎮舞とされているようです。



祭壇前で祈祷の後に刀と鞘で祓いをします。

IMG_1638.jpg

刀と鈴を採って四方を鎮める舞になります。

IMG_1642.jpg

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2013.10.17 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -