2013.10.16 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

足立稲田姫神社神楽 種蒔の舞

大型台風一過といいたいところだが、伊豆大島では大規模な土砂崩れによっていまだに多くの方々が行方不明となっているとのこと、一刻も早い救出が望まれ、また命を落とされた方々にはご冥福をお祈りいたします。

さて、本日は村田町の足立稲田姫神社神楽の種蒔の舞についてです。

足立稲田姫神社神楽は、いわゆる仙南地方の十二座神楽なので、伝承する演目は十二番あるということです。
そして、その十二あるものを一年の十二ヶ月になぞらえているわけですが、それは次のとおりです。(※印のあるものはあとで訂正があるかもしれません)


1月 幣帛舞※、2月 四方堅舞、3月 神子舞※、4月 片剣舞、5月 種蒔舞、6月 恵比寿舞、7月 鉾舞、8月 八幡舞、9月 明神神子舞※、10月 春日舞※、11月 三剣舞、12月 獅子和舞

となっている。

IMG_1560.jpg

種蒔舞は鳥兜に黒尉面をつけた一人舞で、最初に祭壇で拝礼の所作がある。


IMG_1567.jpg

その後で、扇と鈴を取り四方を払う舞をする。

IMG_1577.jpg

祭壇に進んで米を納めた三宝を手にとって舞いながら散米をする。
五穀豊穣を祈祷する舞となっております。

IMG_1612.jpg



関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2013.10.16 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -