2013.10.13 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

樫崎法印神楽 綱切舞

本日は、第36回石巻桃生牡鹿地方神楽大会の最後を飾る樫崎法印神楽さんの〆切舞についてです。

この舞は、神楽の全演目が終了したことを告げる舞であるとともに、神楽奏上が終わったことを神に告げるための神送りの意義があります。

DSC09322.jpg

そのため、この舞は猿田彦神が四方の結界を解き放つ舞とも、素戔嗚尊が四方に悪魔退治に出陣する舞ともいわれています。

DSC09384.jpg

いずれ、結界を解き放つ印として象徴化された舞の手次足次が繰り出されていきます。

DSC09398.jpg


動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2013.10.13 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -