2013.10.05 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭・イベント告知

お知らせ 南部神楽まつり

昨日に平泉文化遺産センタ―さんよりご案内が届きましたので、神楽大会のお知らせです。

日時:10月20日(日) 13:00~
場所:平泉文化センター ふれあいホール
出演団体「演目(予定です)」
・富沢神楽(一関市)「扇の的」
・鶯沢神楽(栗原市)「弁慶安宅の関」
・牧澤神楽(一関市)「信田ヶ森」
・本郷神楽(一関市)「四季分け」
・小田代神楽(奥州市)「宮鎮」

富沢神楽さんの代表は佐藤徹さんです。神楽が大好きで一関市弥栄の富沢地区で頑張っておられる方です。
今回の扇の的はご存知那須与一の話と思いますが、矢を射る場面がどのように展開されるか、楽しみです。

鶯沢神楽の安宅の関は、定番の演目で、弁慶を執るのは矢崎正詞さんと思われますが、弁慶役は天賦の才能です。
勧進帳の空読みは泣かせます。

牧澤神楽の信田はなかなか上演の機会が少ないため一見の価値有りです。
若者たちがどう演じきるのか楽しみです。

本郷神楽は藤沢町のなかでも瑞山流を残す神楽組で、最近は上演の機会が少なかったのですが、サンヤ舞を上演できる数少ない団体となりました。今回は神舞である四季分け=所望分けという演目をするようです。
天八十万神と四季の神々との争いをどう演じるのか楽しみです。

小田代神楽さんは式舞の宮鎮です。舞うのは胴取さんのご子息のひろし君と思われますが、法印神楽の形を残した胆沢神楽をみることができると思います。胆沢神楽の原型を残す胆江地方では貴重な神楽組となりました。


・・・と、勝手に神楽見物のイントロダクションをしてみました。
皆さん、是非お足をお運びください。





場所はここです


大きな地図で見る

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2013.10.05 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -