2013.09.05 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

星山神楽 三番叟@京田八幡神社

本日は星山神楽さんの京田八幡神社での奉納から三番叟です。
FBでこの三番叟の写真をUPしましたら宮本幸雄さんが赤面の三番叟とは珍しいとコメントをいれていただきました。
なるほど、そういわれてみれば三番叟といえば通常は黒尉面となっていて、白面の翁と対をなす舞になっているので珍しいといえます。



ところで花巻から紫波地方にかけての早池峰系神楽団体では子供たちの入門用に三番叟を踊らせていて、近在の小学校でも伝承活動の取り組みとして全校で三番叟を踊っているところもあるくらいです。
そんな中から上手の手が選ばれて、あるいは志願してこのような舞手が育ってくるのだろうと思います。
継承するという意味合いではすばらしい取り組みといえます。

IMG_0286.jpg

そして直会の席からはこの舞手にお花が差し出されます。
いい祭の風景です。

IMG_0292.jpg



動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2013.09.05 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -