fc2ブログ
2013.07.07 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭り

今日は小暑で七夕・・・とはいえ非常に蒸し暑かった。
そんな中で第26回あやめ祭り神楽大会が宮城県栗原市の一迫で開催されました。
今週はこのリポートになります。

なお、神楽以外の打ち囃子、甚句、鹿踊は今回は割愛させていただきます。


という訳で、トップバッターは中野神楽さんです。

中野神楽さんの由来については底本より。

「明治五年、佐竹幸吉が庭元となり岩手県西磐井郡厳美村、三輪流山谷神楽の師匠を招き指導を受け、中野神楽を創設した。
二代、三代とも山谷神楽の師匠の指導を受けた。」

現在の代表は佐竹正義さんです。

演目の岩戸入は日読命と月読命が天の岩戸を探し当てる旅に出て、道に迷って困り果てている時に三叉路(岐路)に立つ老神と出会う所から始まります。

岐神(クナドの神)=猿田彦命

DSC03254.jpg

日読命 艶やかです!

DSC03262.jpg

月読命 
DSC03279.jpg

二神と猿田彦命がお互いに名乗りを上げ、共に天の岩戸へと進むことを固く契り、その喜びを千代の御神楽で表します。

DSC03317_20130707203354.jpg

今日の注目の一つは彼女の舞です。
スローシャッターで撮ってみました。
中野神楽の将来を背負って立つかもしれません。荒舞が特異な中学生に拍手です。

DSC03339.jpg

動画でどうぞ。

関連記事

2013.07.07 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ