fc2ブログ
2013.03.27 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ諸芸

二戸ナニャトヤラ 

今日はいきなり先々週の岩手の民俗芸能祭2013の話題に立ち戻り、二戸ナニャトヤラについてです。
といっても、ナニャトヤラについては、祭りの場でみたことがまだないので、あまり語れることはありません。

これはいわゆる盆踊りで、青森岩手の旧南部藩領内に広まった独特の拍子をもつ踊りです。
また、掛け声の「なにゃとやら なにゃとなされた なにゃとやら」の意味が不明なため様々な説があり密かな人気もある。



沿岸部に近い久慈等では太鼓の両面を叩くが、内陸部の二戸一戸では片面をたたく。
また、唄の調子についてであるが、掛け唄風に歌う感じが、個人的には越後地方の瞽女唄の感じに似ているとおもっている。関連があるのかは不明だが。


DSC08099.jpg


動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2013.03.27 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ