fc2ブログ
2023.12.01 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

早池峰岳系羽山神楽「四人鶏舞」@2023花巻市青少年郷土芸能フェスティバル

さて本日は、2023年11月18日に行なわれた花巻市青少年郷土芸能フェスティバルから早池峰岳系羽山神楽で四人鶏舞です。

羽山神楽の由来について

「度重なる火災により伝承記録は失われたが、その芸態から早池峰岳神楽の流れを汲むもので勇壮華麗な舞を特徴とする。神楽の由来を伝えるものとして江戸時代後期に書かれたと見える詞章本があり、また小田島宮司家(専蔵院)には文政3年の年記をもつ獅子頭に加えて隠居権現様と称され年代不詳ながらより古い様式をとどめる獅子頭が祀られている。」
ということですが、本田安次著「山伏神楽・番楽」の岳流諸派の章に「羽山神社付属神楽」として次の記述がある。

「所伝は岳と同様であるが、別当小田島快道氏の談によると、昔秋田の六郷出羽守の頃、早池峰のと同時に秋田の方から当地に渡ったとの口碑があり昔はひとしきり岳と一緒になって舞ったらしいという。やはり天台の六部が始めたものと伝えている」とあるので、あるいは室町時代の発祥といえるかもしれない。

この日の胴取は高橋滉太さんでした..



ところで、羽山神楽は花巻市湯本に鎮座する羽山神社の附属神楽とされていますが、この神社は大同二年に坂上田村麻呂が開基したとあり、羽黒山修験専蔵院の所管により、かっては蘇民祭も執り行われていたという。

20231118141548IMG_9707.jpg

また、動画を見ていただければわかりますが、岳系というものの鶏舞の手次足次に多少の違いがあります。
太鼓の拍子が異なることと同様に、伝承された時点での神楽の形態を残しているということかもしれません。

20231118141921IMG_9709.jpg

動画でどうぞ

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2023.12.01 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ