fc2ブログ
2023.08.05 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

口内鬼剣舞「一番庭・一人加護」@2009みちのく芸能まつり如意輪寺奉納

さて本日からは、2023年8月5日に行なわれた第62回みちのく芸能まつりのリポートとなります。
コロナ禍で中止あるいは規模縮小が続き、今年は4年ぶりにフル規格での開催とあり関係各位の意気込みも一入といった感じです。感謝申し上げます。

ということで、本日は国見山麓にある如意輪寺での護摩法要に引き続き行われた芸能奉納から口内鬼剣舞で一番庭・一人加護です。

その前に口内鬼剣舞の由来について

「口内町には文化十一年(1814)八月記念の一邑(村)連中による三踊り(念佛剣舞・鹿踊・奴踊)供養碑があり、古い芸能風土を伝える。昭和四十三年七月口内町早苗振大会に北上農高同窓生を中心の鬼剣舞が出演。口内鬼剣舞の初演である。
そして昭和六十一年八月、岩崎鬼剣舞から庭元昆野精正ほか10名に秘伝書三巻本が相伝され、昭和六十三年九月鬼剣舞供養碑建立と発創二十周年記念式典が執行された。」とあります。
また、平成十二年には、滑田鬼剣舞より四演目伝授の認定書を受けたということです。
なので、口内鬼剣舞は岩崎系統ですが滑田系にの演目も伝承しています。



一番庭は礼舞で、念仏がつき、格調が高く、全般的に穏やかな踊り。全種目の基本踊りとされます。

20230805182808IMG_7182.jpg

引き念仏で踊りだし、掃き念仏、早念仏、せんや念仏、扇の輪踊りと続きます。

20230805182808IMG_7186.jpg

次に一人加護
一人加護は別名を一人偉者とも称され、四方に反閇で踏み鎮めて五穀豊穣・悪霊退散を祈祷する舞ともいわれています。
寄せに続いて白面の舞手が躍り出て跳躍し扇の舞

20230805182808IMG_7195.jpg

続いて抜刀しての刀の舞
最後に素手の舞となります。
四方を踏み固める反閇は扇の舞、刀の舞、素手の舞のそれぞれにあり、目に見えない悪霊を祓うという。

20230805182808IMG_7201.jpg

動画でどうぞ


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2023.08.05 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ