fc2ブログ
2013.01.15 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

達古袋神楽 五條の橋

昨日からの大雪で、今朝の通勤は平常時の1.5倍の時間がかかった。明日は早めに出発せねば。

というわけで、本日は一昨日の続きで延年閣で行われた南部神楽公演から達古袋神楽さんの五條の橋について。

達古袋神楽の由来は

明治二年の火災で記録を失ったので資料はないが伝える所によれば、八幡神社は田村麻呂公の勧請といい、康平五年(一○六二)八月一五日再建の棟札もある。
八幡山常学院は、京都本山派の相模坊が、文明一○年(一四七八)開設し、古くから八幡神社の奉納神楽として法印神楽が舞われて来た。
なお弘化年代(一八四四)に神楽も盛んになり、明治以降には、胆沢地方、宮城県北、栗原郡、玉造郡等にも伝えられた。
明治以前は常学院が宮元となり指導に当ったが、以降の歴代師匠は、明治一一年小野寺伊三郎、明治二○年阿部徳太郎、明治二五年小岩勝蔵、明治三○年小岩利右エ門、小岩彦三郎、大正九年~昭和三八年まで阿部長治、以降阿部孝が指導に当り後継者の養成に当った。

とあります。

五條の橋は勇壮な場面でありますので、胴取りさんは撥の太い方で太鼓をたたいて表現していおります。



五條の橋の演目の内容は説明するまでもありませんが(といっても最近は牛若丸の絵本が見当たらなくなってきています)

弁慶さんの登場ですが、名乗りをあげる際のセリフに「自らは武蔵の国の住人、熊野の別当辯正の一子、西塔武蔵坊弁慶とは我が事なり」といのがあります。このへんは演技本が義経記を参考にしたようすがみてとれます。

DSC03465.jpg

義経さんです。鉾(幣束)の切紙細工が大変美しく若人面や白采とよく調和しています。
このへんの装飾性は他の神楽にはない部分です。
「牛若丸とは我が事なれり」パチパチパチ!

DSC03479.jpg

荒事の場面ですが、牛若丸が弁慶の薙刀を抑えてめでたく終わります。

DSC03491.jpg

動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2013.01.15 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ