fc2ブログ
2013.01.13 | Comments(2) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

鶯沢神楽 神迎えの儀

今日はそちらこちらで成人式でした。成人された皆様、その親御さん方おめでとうございます。未来に幸あれと祈ります。

さて、きょうは南部神楽の舞初という企画がありましたので、金成町の延年閣に出かけました。
いってみてびっくりです、大広間がぎっしりで皆さん神楽を楽しみに待っていました。本当に栗原地方の皆さんは神楽熱心だなと感心しました。

という訳で、本日は神楽演目に先立って神降ろしと神迎えを鶯沢神楽さんが代表して行いましたので、年の初めの儀礼として見てまいりたいと思います。

神降ろしの儀は高橋長人さんです。

DSC03441.jpg

続いて、神迎えの舞=翁舞です。
神の国日本を寿ぎ、八百万の神々に感謝と祈りを告げる舞です。

DSC03446.jpg

動画でどうぞ。



関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2013.01.13 |

コメント:

素晴らしい

いつも素晴らしい神楽の動画を配信してくださりありがとうございます。私はなかなか神楽を観る機会がなく動画で拝見させていただいてます。南部神楽はすばらしく、夢中になりますね。色々な演目の配信を期待しております。お忙しいとは思いますが何卒よろしくお願いいたします。

2013-01-15 火 21:25:38 | URL | 田老 #- [ 編集]

Re: 素晴らしい

田老様 コメント頂きありがとうございます。
拙い動画で恐縮です。南部神楽はともすると大衆芸能的な側面が取り上げられますが、明治時代に農民に開放されたとはいえ本来は神事芸能でありましたし、その要素や演目も伝承されています、これらも広めていければと思っております。

2013-01-15 火 22:46:34 | URL | 祭りの追っかけ #- [ 編集]

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ