fc2ブログ
2022.12.28 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ虎舞

安渡虎舞@2022大槌産業まつり

さて本日からは、2022年10月16日に大槌町安渡の海づくり記念公園で開催された大槌産業まつりでの郷土芸能ステージについてです。

大槌町の秋祭りシーズンもひととおり終わった時期でしたが、好天にも恵まれイベント会場周辺はさながら祭りの再現といった盛り上がりがありました。



さて、そういうことで本日は芸能ステージから安渡虎舞です。

その前に安渡虎舞の由来を「大槌の郷土芸能」から

「安渡虎舞は、江戸中期の寛永の頃に始まった。
山田町大沢より釜石市片岸に伝わり、天保の頃に片岸の人を呼び、指導を受けたのが始まりである。
虎舞の踊りは江戸中期に吉里吉里善兵衛の千石舟の乗組員が近松門左エ門の演ずる、国姓爺合戦の一幕「千里ケ竹」の大虎退治の中の和藤内が伊勢皇大神宮の護り札の神通力により猛り狂う虎を生け捕りにした場面を、創作舞踊化したものである。
宿元は、田中源助(源助屋)に始まり、二代目は田中巳の松宅(八鶴屋)で三十年継ぎ三代目は白銀宇之助宅と続き四代目は阿部鉄五郎宅に移り約二十年継ぎ五代目台春吉宅と六代目小川巳之松宅、七代目は田中金之丞宅(八鶴屋)、八代目は坂本常次郎宅、九代目は、田中隆宅(八鶴屋)と続き昭和45年に十代目に土澤由太郎宅に移り、平成二年に安渡虎舞保存会が結成された。」

とあります。

20221016092850IMG_0199.jpg

舞の順番は、始めに子供たちによる頌徳舞と大黒舞です。
これは、虎舞の先舞であるとともに、次世代への継承と、祭りの場でのお披露目を兼ねているものと思われます。

20221016092920IMG_0200.jpg

次の甚句踊りにしても、門付けで踊っている子どもたちが、自分の町内の次世代を担う子どもたちだということを確認できる場でもある。
実際祭りの場では、おばあちゃん達が「ほれ、あのワラスは、○○さん家の孫だえ、じいさんゆずりで踊りコうめでば」
といった会話が聞こえてくる。

20221016093720IMG_0208.jpg

そして虎の生け捕り 和藤内が伊勢の皇大神宮の守り札の神通力により猛り狂う虎を生け捕りにする

ちなみに、大槌町の虎舞では、この和藤内の虎退治をする場面があるのは数少ないが、安渡の虎舞では和藤内は男の子の役となっている。

20221016094720IMG_0226.jpg

動画でどうぞ


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2022.12.28 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ