fc2ブログ
2022.07.07 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

成田神楽「翁舞」@2022第39回みちのく神楽大会

さて本日は、2022年7月3日に行なわれた第39回みちのく神楽大会から成田神楽で翁舞です。

成田神楽の由来について

「早池峰岳神楽から旧八幡村(現花巻市石鳥谷町)に伝授されたのが元禄元年(1686)で、その後文政6年(1823)に成田村上成田小原清三郎が習得したのが始まりとされる。
歴代師匠は初代小原佐太郎、二代伊藤藤八、三代小原孫之助、四代小原寅太郎、五代小原伝太郎、六代小原安美、七代小原重太郎、八代小原長蔵となっている」



翁舞は岳神楽では塩土老命と称し、次の三番叟とは対になった舞で、古い神楽本には白き尉、黒き尉と書いてあるとのこと。

ちなみに、南部神楽では神降ろしの舞を翁の舞としている。

幕出謡は  〽 松を尋ぬるに老いの身の 松を尋ぬるに老いの身の 二葉の松を尋ぬるに

幕出しでは通例は幕の上に扇などを出すが、岳流の翁舞では幕の下で扇を軽く振るう。
翁の出現を予感させるようで、とても趣のある前振りであると思います。

20220703110650IMG_6216.jpg

翁舞は、古くは田楽や猿楽、あるいは人形浄瑠璃、歌舞伎、また民俗芸能などでも演じられてきた。
天地長久、五願円満、息災延命を願って踏み鎮める儀式的祝言曲であるという。

20220703111550IMG_6224.jpg

扇を前に押し出す所作で四方に巡ると幕内から舎文がかかる

〽 さあて 天竺のまつ代河の池の亀、甲に千歳さんとの星の山を戴いて まんごうを経るとかや 
   さて我が朝の鶴はハ千萬歳をうとうてかの所に参りて 四ツの御祝い申さんと 
   さて百歳は年のさかりの黒髪は白髪となり 白髪は老楽となる 老楽は きにかえるとかや
   春咲き染めし花の色 秋は実なりて 冬までも 実はおちつと かの光りつる
   諸神 諸佛 七世の孫におうたるためしの目出度さよ

これより崩し舞になって舞い納めます。

20220703111556IMG_6225.jpg

動画でどうぞ


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2022.07.07 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ