fc2ブログ
2022.07.06 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

下似内神楽「八幡舞」@2022第39回みちのく神楽大会

さて本日は、2022年7月3日に行なわれた第39回みちのく神楽大会から下似内神楽で八幡舞です。

下似内神楽は、岳系統で胡四王神楽の弟子神楽ということになっております。
昭和24年から式舞を中心に指導を受けて、以来伝承を続けているということです。



さて八幡舞 下似内神楽は、若手や子どもたちの育成に力を入れているようで、昨年はたくさんの子供達が三番叟で舞台にあがったのを見ましたが、この日も若手二人の颯爽とした八幡舞。場内はこの日一番の拍手と声援でした。素晴らしい。

八幡舞は別名を小弓の舞ともいい、品陀和気命と、その兄品夜和気命の二神の舞とされている。
四方鎮護、悪魔降伏、七難即滅、家内安全守護の祈祷舞とされている。

20220703105310IMG_6194.jpg

悪魔祓いの二神の舞ですが、幕出し無しに舞いいでます。

20220703105758IMG_6208.jpg

一頻り早調子のネリ舞があったのち幕内で舎文がかかる

〽 さらさらと 天降ります 八幡(やわた)神 和合の利益 いや増しにけり さんや面白し
  八幡の由来を 詳しく尋のるに 応神天皇の宇佐の神社なるをもって 八幡大神とは 自らがこと

20220703105854IMG_6210.jpg

舞手が弓に矢をつがえると舞手と胴前の歌がかかります

〽 八幡大神弓矢をつがえ
   四方矢先に 悪魔射落とす 悪魔射落とす
  
20220703110118IMG_6213.jpg

動画でどうぞ


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2022.07.06 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ