fc2ブログ
2021.05.09 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

飯豊神楽「御神楽舞・崩し舞」@2021遠野さくら祭り

さて本日は、2021年4月29日に行なわれた遠野さくら祭りから飯豊神楽で御神楽舞・崩し舞です。

由来については遠野文化研究センター刊「遠野の郷土芸能」より

「元々は法印神楽で、山伏が一統を組み演じていたが、文化9年盛岡藩の神道化政策により修験神楽一統差し留めとなり、修験者が氏子農民に教え飯豊神楽として文化13年に発祥した。兄弟神楽として八幡神楽、上宮守神楽。弟子神楽に六角牛神楽、似田貝神楽がある。」平成24年に遠野遺産に認定。古くは大槌方面に門打ちに出かけたという。

ということです。



遠野山伏神楽の系統では演目の初舞に岩戸開きをし、それと一体となった形で千代の御神楽が舞われる。これが御神楽舞ということです。

IMG_598520210429131026.jpg

この御神楽舞は、早池峰神楽の鶏舞に当たりますが、こちらでは三人舞となっていて、常に真ん中の一人と左右の二人が相対し、入れ替わりや廻りながら舞い、中盤では三人が背中合わせになり廻ります。


IMG_598820210429131148.jpg

続いて舞手が代わり崩し舞

前半は扇を採っての扇舞、後半は刀と鞘を採っての激しい舞となります。

IMG_600220210429131732.jpg

飯豊神楽の崩し舞は、所作舞として御神楽崩し舞と、山の神崩し舞としての太刀崩し舞があるということです。

IMG_600520210429132018.jpg


動画でどうぞ

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2021.05.09 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ