fc2ブログ
2020.04.08 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリシシ踊り

竪沢鹿踊@2010第50回 大迫郷土芸能祭

さて本日は、平成22年9月23日に行われた第50回 大迫郷土芸能祭から竪沢鹿踊です。

由来については、岩手の郷土芸能(岩手日報社 1992刊)より

「盛岡市山岸の住民とともに始めたといわれる。
神社は白森山岳に大雷命と称して鎮守されたが、貞応元年(1222)に焼蒔城主の佐々木左近が自己の信仰として竪沢の現在地に移し、社殿を建立。以後、社殿に奉納した鹿鳴の宴が伝承され、春日神社例祭で奉納されている。
また、一説には元仁元年(1224)に始まったともいわれる。」ということですが、太鼓と笛は盛岡の流れであることが明白です。

700年余の歴史を誇るということだが、幕踊り系のカナガラ獅子踊りとなっていますので、遠野と盛岡の中間地点であるだけに、その折衷の感じもあります。



往古には家々を巡って回向を行っていたが、念仏を受け継いだ人が亡くなるとともに絶えたが、踊りの掛け声には念仏が入っているとも言う。念仏供養塔も残っているということだ。

DSC0019320160818143009.jpg

刀振りがツボケを振っている様は念仏剣舞の要素もあるので、同じ盛岡でも澤目獅子踊りに近い感じもする。

DSC0018020160818134238.jpg

嘉永四年(1851)と記された書き物には、「庭ほめ」「宮ほめ」「酒ほめ」「女鹿狂い」「てっぽう踊り」など演目十五種が記載されているという。なかなか稀有な鹿踊りです。

DSC0018720160818132001.jpg

動画でどうぞ


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2020.04.08 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ