fc2ブログ
2020.03.05 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

鵜鳥神楽「松迎」@2020釜石箱崎白浜巡行

さて本日は、鵜鳥神楽の釜石箱崎白浜巡行から松迎です

覚出(幕出し)   〽 ミヤーハー 新珠ヤー 
              年の始めの年男
              松を尋ぬる老いふちの 松を尋ぬる老いふちの 双葉の松に年を経る

 雲張りは扇と 二人舞を知らせる二本の幣束が出される



松迎えは、役舞の演目とされ、若男面をつけた千秋万歳の兄弟による二人舞で、新しい年を寿ぐ舞とされている。

20200229133724IMG_8334.jpg

最初は若男面をつけてのネリ舞

ネリが終わると、千秋萬歳のいわれをとく舎文となります。

「そおれ丹後の国、いなのべの長者の二人の子にて、兄をば千秋、弟萬歳と言いしもの
されとて千秋萬歳こそ親の仰せに従うて、たちまち徳ある門の松 
いなべの雪なれば 花を盛に実をしのぶ
このめはるかや谷川の なにしうたいのひげをあらいしよしめたまいしが
かれ二人な手を合わせ 天下をはいし奉る
松もい祝いのものなれば 門松たてん方もなし
しょこんの松に腰をかけばやと存じ候

それ昔天神七代、地神五代の御時や、いざなぎいざなみの尊、初して神代の立て始めまします松なれば 
松にとがめは無きものよ 五葉の松をよほうにさっと引きむかい、しゃく取りなおしててんしゅうにかしこまる。
五葉といっぱ五つの枝、さって東にさこうるその枝は、春に向こうて花の松、夏に向こうてこぐれの松、秋に向こうて紅葉の松、さって北にさこうるその枝は、冬に向こうて雪の松」

20200229134434IMG_8338.jpg

この後 面を外してクズシとなります

20200229135206IMG_8353.jpg

最後に一人残って早舞をし幕入りとなる。めでたい舞でした。

20200229135346IMG_8358.jpg

動画でどうぞ

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2020.03.05 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ