fc2ブログ
2020.02.15 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリシシ踊り

水掛け祭で鹿踊@2020大東大原水掛け祭り

さて本日は、2月11日に行われた一関市大東大原水掛け祭りの模様です。

「祭りの由来について「変遷の記録、大原水かけ祭り」から引用する。
はじまりは江戸期の明暦の大火後に幕府が発した火防令を受けて当時の八幡寺(現八幡神社)の僧が京都の密教のみそぎ祈願を取り入れて、寺の前を流れる払川で身を清めて祈願したことに始まるのではないかと言われている。
安政年間の古文書に「今年も恒例の水かけ祭りが近くなったので、準備をよろしくお願いする」という八幡寺から町方の年賀会にあてたものがあるとのこと。

また、水かけをする「水」であるが、明治の初め頃まで大原の街道の真ん中を防火用水路が通っていて、祭りの時は水かけ役はその水路に入って水を手桶で掬ってはかけ、厄男はその両側を走りぬけたということだ。

昭和初期になって祭りが盛んになってくると参加できない女子の代わりに若者男子が女装して手踊り会を作り歳祝いの家を回ったということだ。

その後、祭りは一時衰退をみるが保存会の尽力もあり、様々な趣向を編み出して今日のような活況を見るに至ったのである。
「祭りは誰のものか」ということはどの祭りにも言えることだが、伝統を守ろうとすれば観光の役には立たず、観客に迎合す」

と言うことです。

ともあれ、今年は知り合いが厄年の祝いということで水かけを走るから見に行きました。

で、水かけに先立って芸能披露です。

最初は行山流山口派の小沼鹿踊





次に大木鹿踊

20200211234812_DSC4661.jpg

そして舞川の鹿踊

20200212002504_DSC4693.jpg


地面に映る鹿踊りも情緒があるなと思いながら祭気分の一日でした

20200212003042_DSC4701.jpg

動画でどうぞ

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2020.02.15 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ