fc2ブログ
2018.12.22 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

川内神楽「西の宮」@江刺民俗芸能フェスティバル2018

さて本日は、江刺民俗芸能フェスティバル2018から川内神楽で西の宮です。


川内神楽さんの由来については「南部神楽系譜調査報告書」誌によると

明治三九年頃伊藤捨七、佐藤善左エ門の一一人が世話人となり、胆沢郡瀬台野神楽より伝承された羽田鴬沢神楽の金野忠三郎、菅原常之助両師匠を招請し、伊藤金蔵、菊地庄左エ門、伊藤喜兵衛、伊藤庄蔵、伊藤千百治、菊地用作等が指導を受けて、川内神楽を創設した。

とある。その後、藤里横瀬、田原原体、東磐井郡興田市之通、玉里和田の各神楽に指導伝授するとともに戦後は和賀、気仙沼鹿折、桑ヶ崎方面の祭典に招かれ出演したと「胆江地方の神楽」で記されている。
川内地区は水沢、江刺、東磐井の分岐点に位置し芸能の通り道であったようだ。(嘉永、安政年間には鹿踊りや剣舞もあったらしい)



さて西の宮は伊邪那岐伊弉冊二神の国産みの神話です。
国産みをした二神から最初に産まれた神が不完全だったために、産まれて三月も経って足立たずなので鳥石楠船に乗せて海に流したことから物語が始まります。

197IMG_7749.jpg

その一方で、人間世界では、食べるものも不足して民百姓が困っていました。
二人の民がある日浜辺に出ると、小さな船に蛭子三郎と巻物がありましたので、その巻物に書かれてあることを読み始めます。
するとそこには、魚を採って暮らす術が記されていたので、それに従って生活する知恵を授かります。

200IMG_7754.jpg

かくして、西の宮の神に魚釣りの仕方を習います
西の宮が、なかなか良い漁に恵まれなかったところで太郎次郎が手伝うと見事に大きな鯛を釣り上げます。

208IMG_7762.jpg

高天原では、地上に蛭子命が現れたということを聞き、素戔嗚尊が連れ戻すよう勅使に命じます


218IMG_7773.jpg

勅使です

217IMG_7772.jpg

めでたく対面となったところで千代の御神楽で舞い納めます。
(本来はこれに天照皇大神も加わる)

220IMG_7775.jpg

動画でどうぞ

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.12.22 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ