fc2ブログ
2018.10.12 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

気仙法印神楽「五矢」@気仙民俗芸能祭「けせんのたから」

さて本日は、気仙民俗芸能祭「けせんのたから」から気仙法印神楽で五矢です。

五矢は「後夜」ともいい、夜神楽の最後に行う神楽としているようです。

演目の内容は蘇民将来譚となっており、北の武塔神を素戔嗚尊に、蘇民将来を今貞とに表して物語が展開されます。



最初に鬼面の素戔嗚尊が出て扇を採って舞います。

この鬼面の意匠は現在の南部神楽では、あらゆる荒形面に反映されています。

043IMG_6066.jpg

次に今貞が弓と五行食の矢羽根をつけた矢を持って出て、これを素戔嗚尊に渡します。

049IMG_6072.jpg

弓矢を持ち、装束を改めた素戔嗚尊が五行の矢を四方と上方に射て鬼神魔王、飢渇の難疫を祓います。

059IMG_6082.jpg

今貞は素戔嗚尊に一夜の宿を貸し、饗応した故事にちなみ酒を一献差し上げる。
最後は素戔嗚尊が扇と鈴を採って御神楽で舞い納めます。

064IMG_6087.jpg

動画でどうぞ



関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.10.12 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ