fc2ブログ
2018.10.04 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

高千穂の夜神楽(三田井)「御神躰の舞」@平泉神楽祭

さて本日は、平泉神楽祭から高千穂の夜神楽(三田井)で最後の演目となる御神躰の舞です。

御神躰の舞とは、伊邪那岐命と伊邪那美命の二神の舞で、別名を酒濾しの舞ともいい、夜神楽では深夜2時頃に演じられるという。

伊邪那岐命です。杖に米俵を担いで出ます。



伊邪那美尊命です。新酒を醸す桶と笊を持って出ます。

204IMG_5753.jpg

ところでこの二神、夫婦ながらお互いに客席の男女にそれぞれちょっかいを掛けて浮気をするような仕種をしますが、最後には仲直りします。客席が湧き上がる一時です。


S1560005.jpg

次の酒濾しですが、ここがこの舞の最重要部分で、二神の国産みと酒を飲んで夫婦和合を表します。

209IMG_5758.jpg

最後は五穀豊穣の祈祷をこめて餅まきとなります。私も拾いましたが紅白の小さな四角い餅が撒かれました。

218IMG_5767.jpg

動画でどうぞ

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.10.04 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ