2018.06.23 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

神楽伝承本について考えるvol.2 蓬田神楽

昨日に続いて蓬田神楽の伝承本「風流御神楽詠儀本」についてです。

蓬田神楽の由来は次のとおりですが、

「舞草神社は一時期舞草穴倉地内に社地があった頃、神職が大権院神楽を奉納していた。
当時の神楽の師匠は、穴の倉の佐藤円吉、次いで蓬田大助であった。
明治初期、蓬田一族の氏神天神様に神楽を奉納するため、蓬田大助が庭元となり、東磐井郡長島村南部神楽の流れをくむ赤伏神楽の指導を受け、蓬田神楽を創設した。
初代庭元蓬田大助、二代伊藤寅之助、三代蓬田清吉、四代佐藤松治、五代蓬田稔である。」

蓬田神楽の前身ともいえる大権院神楽は宮城県金成町の普賢堂周辺にあった法印神楽を伝承していた可能性があるもので、元々は法印神楽であったと思われる。
その後、一関市の笹谷神楽の指導を受けた平泉町の赤伏神楽から南部神楽を伝授されたということなので、蓬田神楽の伝承本では明治以降の南部神楽の演目が並ぶが、演目内容によっては法印神楽の影響を残しているものも見受けられる。



尚、この詠儀本は蓬田佐代治が書いたとされる蓬田神楽演義台本を昭和54年に伊藤四郎が翻刻したものです。
かなり達筆で読みやすい字で書かれています。

IMG_20180623_0001.jpg


演目を目次通りに列挙すると


1 三番叟
2 天の岩戸入り
3 岩戸開き
4 安倍保名
5 瓊々杵之尊
6 地神四代の帝 彦炎出見之尊
7 続 豊玉姫之尊之産小屋
8 続 竜宮出現
9 三熊大人
10 五代理(ママ)
11 水神明神
12 羽衣
13 叢雲
14 宝剣納
15 神通虎の巻
16 屋島合戦九郎判官義経
17 一の谷
18 黒塚
19 小敦盛
20 八岐大蛇退治
21 田村将軍利春
22 田村中将利通
23 田村将軍純友
24 勢州鈴ヶ山立烏帽子田村三代将軍純友
25 鞍馬山騒動虎の巻の始め
26 橋弁慶
27 日光権現序幕
28 曽我兄弟の仇討
29 金巻道成寺
30 金巻狂言
31 掃部長者の巻
32 狂言 山ノ神宝剣舞
33 狂言 猿引き

現在では演じられなくなったものもあるというが、神代ものが豊富であることと、演目をアレンジした狂言を行っていたことなどが理解できる。

この本の奥付には「漏洩を防ぐためにもみだりに関係者以外には公開すべきではない、しかしながら芸能は大いに公開することを希望する」と結ばれている。
これはかつての神楽団体すべての思いと共通だったことだろう。
しかしながら、現在では南部神楽の研究も進んできていて、こうして公設図書館に所蔵されることによるメリットはあります。
引き続き神楽本も収集していこうと思います。

神楽本シリーズはまたいつかお目にかけたいと思います。

DSC08045.jpg

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.06.23 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -