FC2ブログ
2018.05.23 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

中山神楽 虎の口 @ 第38回一戸町郷土芸能祭

さて本日は平成27年開催の第38回一戸町郷土芸能祭から中山神楽の虎の口についてです。

中山神楽は、高屋敷神楽とともに一戸の山伏神楽として岩手県指定無形民俗文化財になっています。

中山神楽は羽黒派修験の三明院の山伏神楽を伝承した高屋敷周辺の神楽師匠たちから習い覚えたとあります。
その後、一戸周辺へ神楽を伝え、さらに八戸や下北地方へも「中山手」という流派として広く伝承されてきました。



さて虎の口です。
虎の口は荒舞で、本来は荒面を付けて一人で舞うものですが、子どもたちによる舞なので直面です。

二戸地方の神楽では、神楽を舞うものは先ずこの虎の口から習うとしています。

DSC05132_20180523205303522.jpg

荒神であることを表す白い紙を手の中指に付ける、これをクジと呼び、クジを付けて舞う演目をラッパ舞と称している。
乱破舞とも表すが、いずれも動きが激しい荒舞です。

序段では終始印を結ぶような所作が続き、破邪の祈祷舞といった感じです。

DSC05133.jpg

クズシになり抜刀して舞う。

最後は扇を採って切り舞で舞い納めます。

虎の口は、山伏神楽の中でも特に古い修験の神楽といった趣があります。

DSC05141.jpg

動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.05.23 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -