2018.05.12 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭り

慈恩寺舞楽 安摩 本山慈恩寺 一切経会

さて本日は慈恩寺一切経会から安摩(あま)です。

この演目は林家舞楽でのみ喜禄とも呼ばれています。

この安摩は本来は二人舞であった。
ここ慈恩寺舞楽では一人舞となっています




日本古来の舞楽には中国系統の左舞と朝鮮系統の右舞があり、この安摩と続く二の舞は天平年間(710~784年)に林邑国(べ(ベトナム)からの渡来僧、仏哲が伝えた「林邑楽」の一つといわてれる。



099IMG_2732.jpg

因みに、この安摩と次の二の舞は対の舞とされています。

101IMG_2734.jpg

動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.05.12 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -