FC2ブログ
2018.05.11 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭り

慈恩寺舞楽 太平楽 本山慈恩寺 一切経会

さて本日は慈恩寺一切経会から太平楽(たいへいらく)です。
舞人が戦いにのぞむ姿で舞う「武の舞」の代表曲ということです。。

太平楽は、文徳天皇(平安前期、第55代天皇)が住居を移る時に近衛府の常陸澄継という人が作ったと伝えらているよう。
元々は古代中国の秦王朝末期に秦の都「咸陽」で漢の劉邦と楚の項羽が会見した鴻門の会で、楚の国の傾荘と項伯の二人が舞った武将の剣舞に由来するということです。

最初に先頭の一人が鉾を持って舞う鉾舞。これは舞台を清める舞。



第2節は手で印を結んで舞う剣印の舞。

083IMG_2716.jpg

続いて抜刀の舞、刀返しの舞。

093IMG_2726.jpg

慈恩寺の太平楽は終わりの太刀の引き込みに特徴があるといわれています。

ところで、舞楽太平楽というと赤系統の甲冑や装束が通常ですが、林家舞楽では黒の甲冑が重厚さを感じさせます。
さすが猛将で知られた最上義光公のお膝元と言った感じです。

095IMG_2728.jpg

動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.05.11 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -