fc2ブログ
2012.06.22 | Comments(6) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

浅部法印神楽の切り紙

今週の火曜日に休みだったので栗原市一迫町へ行った帰りにくりこま伝創館へ立ち寄った、
館内には故今野清美氏製作の神楽人形が展示棚に並べられていて感動しました。

そしてふと棚の上に視線を向けると・・・法印神楽風の切り紙が貼られている、しかも子丑寅卯・・・と12枚。
特に波に兎図は秀逸で欲しい!と思いました。

中野神楽のS氏によるとこれは佐藤正行氏の製作とのこと。

佐藤正行氏は南部神楽伝承振興会代表にして南部神楽研究家そして神楽道具製作者並びにコレクターという方です。
鎌倉市に工房を構えているということなそうです。

スナップショット 1 (2012-06-22 18-32)

浅部法印神楽はここの栗原市の隣(といっても広域合併したからだが結構遠い)東へ30km程離れた旧中田町浅水に伝承される日高見流浅部法印神楽のことだろうと思いますが、なぜここに飾られているのか?ここのこけら落としに大乗飾りをして法印神楽を奉納したとかだろうか?

また、館内には同氏寄贈ということで片子澤神楽の三代目庭元高橋徳衛氏の「八十七歳にして四方祗を舞う」という写真が飾られてあります。
天鈿女命の舞ですが、高橋師匠は若人荒舞女舞とオールマイティー名人であったとか。
また、東北神楽大会を中心になって引っ張ってきた方でまさに伝創館に飾られるべき人物だと思います。

PIC_0012.jpg

切り紙12枚はこんなかんじです

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2012.06.22 |

コメント:

大乗飾りの切り紙

これは本来は切り紙ではなく、的(的のようなもの)に干支を描いたものを使用するのが本式だそうですが、切り紙のほうがなんとなく、私は好きです~大乗飾りをして大乗神楽(秘伝神楽)を舞って大乗下げをしたら、それを魔除けとして氏子が貰うのだとか聞きますが、今は大乗飾りをしないので、その機会もめぐって来ないですね。

浅部さんの大乗飾りも私はビデオで拝見したのみでした。

2012-06-23 土 09:57:23 | URL | 富主非女 #- [ 編集]

的って

お世話様です。
的ってなんだべ?
正月飾りのあれ?
そういえば沿岸部では正月飾りのキリカミも昔は修験者が家々を回って作っていたっつもんな。

2012-06-24 日 23:52:51 | URL | 祭りの追っかけ #- [ 編集]

的は

弓矢の的ですね。大乗の中に小弓が飾られるのに対し四面に的のようです。

大乗飾りに五行の五色の幡があって、五大竜、所望分けで五郎姫(八十萬玉姫)が四人の王子との合戦に弓矢を用いるのはそこからきているとか・・・

2012-06-25 月 12:28:46 | URL | 富主非女 #- [ 編集]

魔を射る矢

大乗飾りに的があるのは知りませんでした。
関係ないと思いますが、魔を射る矢ということで思い出したのは涌谷町の箟岳山の山頂にある箟峯寺で白山祭が行われますが、その中に御弓神事というのがあって、「鬼」と書いた的に二人の子どもが弓を射て作柄を占うというものがあります。
そしてこの箟峯寺の地名が神楽岡となっていて、かつては修験による神楽が行われていたようなのですが、今はどうなってるのでしょう?

2012-06-26 火 00:29:05 | URL | 祭りの追っかけ #- [ 編集]

大乗飾りには

本式と略式があって略式は小飾りと通称しているようで、的などはなく五色の幡や鏡など主要なものしか飾らないのもあるそうです。
崑岳の崑峰寺では獅子舞や延年舞などはやっているようですが、神楽は現在残ってはいないようです。

ここの神楽は江戸時代末期に村崎野大乗神楽に影響を与えているそうで、また流法印神楽との関わりもあるという話しも聞こえて来たりと大変興味深い神楽です。現存していないのが残念です。

余談ですが昨日は上沼加茂流法印神楽と上沼獅子舞の総会があり出席して来ました。

秋季例祭の奉納をメンバー不足から中止すると予定されていたものを、昨日は奉納を前向きにという事で話がまとまり、ホッとしたのと練習を頑張らねばと一人燃えておりました。

2012-06-26 火 09:46:43 | URL | 富主非女 #X/VN383k [ 編集]

何としてもお祭り!

大乗飾りについて勉強になりました。
「陸前浜の法印神楽」を開いてみたら確かに扇車から四方に渡したものに春夏秋冬のものを切り抜いたキリコを飾ったと有る。
又、南部神楽では干支を墨書した紙を下げたともありますので佐藤正行さんが切り抜いたのはこれかと納得。

上沼の奉納は私も見たいので何としても今年も奉納してくださいとお伝え下さい!

2012-06-26 火 23:45:31 | URL | 祭りの追っかけ #- [ 編集]

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ