FC2ブログ
2017.08.29 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭り

一戸まつりの山車

一昨日の日曜日、久々の晴天だったので一戸まつりに行ってきた。今回が二度目です。
二戸地方の秋祭りの最初に行われるとあって、自前の人形山車が自慢ということです。

毎年8月の最終金土日に開催され、八坂神社と稲荷神社の渡御に山車と郷土芸能が供奉する祭りです。
今回は最終日の神輿還御を見に行った訳です、

鳥海稲荷神社です。
午後1時に着いた頃には、神事が始まっていました。
女鹿神楽が神楽奏上をしておりました。



こちらは八坂神社です。
山車巡幸終了後に郷土芸能の奉納があります。それについては明日以降のブログにて。

2IMG_6093.jpg

2時頃に一戸駅前広場に5台の山車が集結し、神輿の到着を待って山車巡行となります。

3IMG_6055.jpg

山車の飾りは、一つ一つが祭り組の手製ということです。

野田組 演題は碇知盛

4noda1.jpg

見返しは とんち一休さん

5noda2.jpg

西法寺組 演題は真田幸村

6saihouji1.jpg

見返しは かぐや姫

7saihouji2.jpg

本組 演題は 元就厳島の戦

8honn1.jpg

見返しは 三矢の訓   表裏一体ですね

9honn2.jpg

橋中組 演題は 九尾の狐退治 

10hasinaka1.jpg

見返しは うらみ葛の葉 表裏一体・・・狐つながりですか

11hasinaka2.jpg

上町組 演題は 弁慶安宅の関

12kamichou1.jpg

見返しは 藤原秀郷

13kamichou2.jpg

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.08.29 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -