fc2ブログ
2012.06.15 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

赤谷神楽 御番所(道化)

今日は赤谷神楽さんの御番所です
道化です
なんというか、お楽しみ番組です。

この種の狂言をもつ神楽組は今では僅少になったが赤谷神楽では他に地蔵買い、根っこ堀、四十二の年祝い、お鈴等を伝えているという。
早池峰系の山伏神楽でも狂言を多く残していて南部神楽組にも引き継がれたことが窺える。

が、しかし狂言・・・道化の番組はお楽しみの要素が大きく、観衆のニーズに合わせておもしろく展開していくという性格もあるのであまり肩肘張らずに楽しみたいものだ。



赤谷神楽は比較的多数の狂言を残している組で、道化面も多数あり、ジグスケ面三十郎面オサセ面等があるとのこと。

DSC00614.jpg

早池峰の大償神楽にも箱根番所という演目があるが、この日の御番所の内容は交通安全の取締を往年の御番所になぞらえて、通行する者を検分するというものであった。
なにがしかの「芸」をすることが通行手形の代わりという趣向であるが、登場したのは赤谷神楽はじめ鶯沢神楽などの芸達者の皆さんで、舞踊やら民謡やら、神楽とどちらが表芸なのかわからないぐらいの名人芸でした。
(舞踊の仕舞も神楽の手次も相通じるものがあるのでしょうか)

DSC00616.jpg

まずは動画でどうぞ。(ダイジェストになりました)


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2012.06.15 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ