2017.06.21 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

岡谷地神楽 叢雲 @ 第13回神楽共演石越大会

さて本日は、第13回神楽共演石越大会から岡谷地南部神楽さんで叢雲です。

その前に岡谷地南部神楽さんの由来について

「明治三二年、工藤清右エ門(東和町嵯峨立から養子に来た人)が庭元兼師匠となり、修験道賀田羽流剣舞神楽を部落の若者達に指導し、岡谷地南部神楽を創設した。
また、大正時代に中田町宝江新井田から師匠を招いて笹流新井田神楽や加茂流舘神楽の芸風も取り入れた。
発足以来、地元の旧県社登米八幡神社の秋季例祭に奉納されてきた。
法印神楽の影響をよく残しており、笹結や宇賀玉等の演目を保持している。
初代庭元工藤清右エ門である。」

とありますが、現在の代表は佐久田和尋さんです。
胴は高橋真一さん、今日も気魄の籠もったバチさばきと掛け声です。



というわけで、叢雲です。八岐大蛇退治です。

南部神楽では多くは「吊るし大蛇」という上演形態ですが、法印神楽では蛇面に赤い装束の舞手が鬼神風に荒々しく舞うのが通例となっています。
このへんも、法印神楽の影響を残した部分といえます。


出雲国簸の川の上流で、毎年大蛇に人身御供を差し出さねばならず、今年の順番となった手名椎足名椎が娘の櫛名田姫を連れて出て、事の次第を述べます。

DSC01754.jpg

高天原を追われて放浪の旅の途中で訪れた素戔嗚尊

DSC01763.jpg

八岐大蛇です。
両手で竹を持って赤い布を頭上に被っています。上沼や浅部の法印神楽でも見られる形式です。

DSC01771.jpg


素戔嗚尊と八岐大蛇の乱闘の末、八岐大蛇の面とシャグマを奪い取り勝利を宣言する。

DSC01792.jpg

最後は千代の御神楽で舞い納めます。

DSC01808_20170621195815926.jpg

動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.06.21 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -