2017.03.17 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

白浜神楽 宝剣納め・盗み取り@第13回いわい地方民俗芸能祭

さて本日は、第13回いわい地方民俗芸能祭から白浜神楽で宝剣納め・盗み取りです。

の前に、白浜神楽さんの由来について定本より

「昭和45年、(一関市花泉町)白浜地区の隣組七人で白浜神楽会を結成。栗駒の佐藤佐吉氏を師匠にして白浜神楽を創設した。
白浜神楽は同じ花泉町の大門神楽から指導を受け、その演目の再現に力を入れている団体です。
また、同じ花泉町の大門神楽の菅原譲から大門神楽の真髄を学び、今では貴重な舞い方を残す神楽団体となっています。」

とありますが、現在の代表は千葉良夫さんです。
この日の胴も会長さんが務めています。



演目は、高天原を追われた素戔嗚尊が斐の川の川下で流れ来る什器を訝しみ、川上に登ると足名椎に会い、八岐大蛇に娘を人身御供にせねばならぬと嘆いている場面に遭遇した。
そこで素戔嗚尊は八岐大蛇退治と引き換えに息女の櫛稲田姫を娶ることを約束し、ついに八岐大蛇を討ち取って、その尾から天叢雲剣を取り出します。
そして、自らの戦利品天叢雲剣を熱田の宮へと奉納すべく進み出ます。

ここでの力みのネリ舞がこの演目の最大の見せ場です。

DSC01216_20170317194813a54.jpg

そして、素戔嗚尊が八岐の大蛇退治で得た叢雲の劔を熱田の宮に納める場面です

DSC01224.jpg


その後に、磐長姫に身を変じた悪鬼女が緩やかに踊る場面です。
この時に胴取りが太鼓を打ちながら神謡を唄いますが、これが「山の端」と言われる女舞に専ら奏される神楽歌です。
実に.みちのくの風景に合う旋律です。

〽 ハアー 熱田の宮へと急ぎゆく 熱田の宮へと急ぎゆく ヨヨサー ヨヨサー
   センヤー 山の端 山の端ァドー 
    センヤー しずしずと しずしず 苧環 ヨヨサー ヨヨサー
     センヤー トリラさー トリラトリラさー はー ヨヨサー ヨヨサー
      センヤー よしの葉 よしの葉 ヨヨサー ヨヨサー

 続いて鈴御神楽、そして車扇にて艶やかに舞納めます。

DSC01239.jpg

さて、かくも美しく神楽舞をなした磐長姫も、熱田の宮の神鏡に己の蛇身が写ったことに驚き錯乱して、兎にも角にも宝剣を奪取せんと挑みかかります。
ついには宝剣を盗み出すことに成功しますが、宝剣を奪う際にその姿を日本武尊に見悟られてしまいます。
その後は、宝剣奪い返しの譚に続きます。

DSC01259_201703171948173fa.jpg

動画でどうぞ。




関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.03.17 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -