2017.01.09 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

鶯沢神楽 「那須与一扇の的」 平成28年神納め

さて本日からは、旧年中の12月のことですが、平泉町ホテル武蔵坊で開催されました南部神楽伝承推進協議会さんの神納めについてリポートしていきます。

神納めといっても、要するに協議会団体の皆さんの納会ということです。
昨年までは鳴子温泉郷にある農民の家で行っていたのですが、今年は協議会役員さんとホテル武蔵坊の役員さんが知り合いだったということで、初めて平泉での開催が実現したということです。

因みに南部神楽伝承推進協議会加盟の団体は、赤谷神楽、達古袋神楽、鶯沢神楽、狼ヶ志田神楽、富沢神楽、嵯峨立神楽、岡谷地南部神楽の七団体です。


公演では、神楽演目に先立って、神様を神楽座にお迎えするという儀礼的な「降神の舞」で始まります。
これは、山伏神楽の翁舞にそうとうするもので、神楽の場を祓い清めるとともに天下泰平と安寧長寿を祈祷する舞です。

それに次いで、仕組み神楽の始まりです。

最初は鶯沢神楽さんの那須与一扇の的です。

その前に、鶯沢神楽さんの由来について定本より

「明治初年、玉井豊之助、小野寺久五郎の両人が世話人となり、岩手県西磐井郡萩荘村達古袋神楽の師匠を招き、神楽の伝授を受け日向神楽を創設した。
戦前、戦後舞方が少なくなり中断していたが昭和三九年、町教育委員会が郷土芸能後継者養成講習会を開催した。講師は小野寺捨男、小野寺東策の両師匠の指導であった。
これを機に鴬沢神楽保存会を組織し現在に至る。
なお、明治一八年、二○年の二回にわたり、伊勢神宮に神楽を奉納したという。
また、大正年間、田谷神楽(江刺市愛宕)の指導をしたともいわれている。
初代庭元玉井豊之助、現在の庭元岸湊は六代目である。」

ということなそうです。現在の代表者は高橋長人さんです。

さて、演目の扇の的は鶯沢神楽保存会発足時の会長である岸湊氏の名作です。



扇の的は、平家を追討して屋島に渡った義経軍が、沖に停泊する平家軍を眺めつつ「今日は日暮れぬ。勝負を決すべからず」と語ったのは平家物語の一節です。


義経さんです

IMG_9076_20170109181548fe5.jpg

弁慶さんです

IMG_9078.jpg

そこへ平家方から一艘の舟が女官を乗せて義経軍の陣立てする浜の沖に止めて日の丸の扇をかざします。
義経は部下を呼び寄せあの扇の的の意味は如何にと問います。
あの扇は戦の運試しに違いないので、必ず射落とせる者を呼び寄せよと命じます。

IMG_9079.jpg

そして呼び寄せられたのが弓上手で聞こえた下野国の住人、那須太郎資高の子、与一宗高です。

IMG_9087.jpg

与一目をふさいで、「南無八幡大菩薩、わが国の神明、日光権現、宇都宮、那須の湯泉大明神、願はくはあの扇のまん中射させて賜ばせたまへ。これを射損ずるものならば、弓切り折り自害して、人に再び面を向かふべからず。
いま一度本国へ迎へんとおぼし召さば、この矢はづさせたまふな」と心の内に祈念して、目を見開いたれば、風も少し吹き弱り、扇も射よげにぞなつたりける。」
そしてビシッと射た鏑矢は見事扇の要を射落とします。

この演目を見るたびに平曲の那須与一を思い出します。
緊迫した戦場において、雅やかな雰囲気の扇舟と女官の風景、そして一命をかけて矢を放つ好青年与一。
永遠のドラマですね。

IMG_9096.jpg

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.01.09 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -