2016.11.22 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

六原鬼剣舞@第36回金ケ崎町郷土芸能発表大会

さて本日は、第36回金ケ崎町郷土芸能発表大会から六原鬼剣舞です。

六原鬼剣舞は大正年間に胆沢郡相去村六原の上ノ町、二ノ町を中心に結束して、大正7年に岩崎鬼剣舞の小田島善吉及び八重樫源吉の指導により成立したとある。
更に昭和15年に町指定の文化財となった。



六原鬼剣舞はjk元の二ツ森稲荷神社の例大祭に奉納を続けてきた経緯があり、そのほかにも地区内での上演をに努めている。


IMG_8091_201611222009231d2.jpg

この念仏系統の剣舞は、胆沢地方では衣川の阿修羅踊りの剣舞の系列となっているのが通例であるが、ここの六原鬼剣舞は大正時代に岩崎から伝授ということなので、古い系統とは違いがあるかもしrないが、いまとなっては旧態を残す貴重な団体となっている。

IMG_8100.jpg

殊にも、この日は六原鬼剣舞の子供の舞手が刀剣舞の狂いを一生懸命に舞うなど、伝承をしっかりと取り組んでいるのだなという姿勢がよく見て取れました。

IMG_8102_201611222009264de.jpg


後段では、刀を使っての技芸舞ともいえる宙返りが披露され、六原鬼剣舞の真髄を表顕し、その力強さや仏道の意味合いを体現していました。

IMG_8109.jpg

動画でどうぞ。


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016.11.22 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -