2016.09.09 | Comments(2) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

雄勝法印神楽 所望分 @全国神楽大会ハヤチネ2016

さて本日は、全国神楽大会ハヤチネ2016から宮城県石巻市雄勝町に伝承される、国指定無形民俗文化財の雄勝法印神楽です。

いつもは石巻市周辺の祭りなどで雄勝法印神楽を見ているせいか、最初に太鼓と笛の音が聞こえてきただけで恰もそこが石巻の神楽座に自分がいるような感覚になる。法印神楽の奏楽にはそんな力もあるのだなと感嘆した次第。
閑話休題

雄勝法印神楽は羽黒修験者により600年移譲前から伝承されてきたいわゆる「陸前浜の法印神楽」です。

そして雄勝法印神楽は、2011年の震災津波により甚大な被害を受け、前会長さんが今も不明のままです。
奉納神社である新山神社も被害を受け、神楽面に衣装や道具も流失しました。
その後の全国からの支援と、雄勝の人々の法印神楽にかける熱意で復活し様々な場所で公演を行ない、全国世界にまでその活動範囲を広げています。

雄勝を始め、陸前浜の法印神楽の特徴の一つに「胴(太鼓)」が二つということがあります。
神楽の太鼓は通常一台で、二台ある場合も大小の分けがあって拍子も異なっていますが、法印神楽ではユニゾンで打ちます。
このことは、二台で打つことによって音の厚みが増すだけではなく、寸分たりとも違わぬ打ち方を伝承するという意図があるように思われます。




演目の所望分は、一年の四季を90日ずつ春夏秋冬の神々に分け与えたが、中央の八十万魂尊である土の神に分け与えられなかったため、土の民(=人間)が、土中から生れ出づる恵みを受けずに困窮していたということです。


DSC00172_20160909180431e49.jpg

そのため八十万魂尊が、我にも四季を分領させよと願い出ますが、四季の神々は悉く断り、それがために神戦になります。


DSC00176_201609091804321b0.jpg

装束を改めて刀を取って戦うさまは、正に所望分のクライマックス場面です。

DSC00178_20160909180433193.jpg

そこへ天之御中主神が現れて、四季の内から18日ずつを土用と定めて、諸事恩恵に預かるようにと宥め平定します。
そして、世々の困りごともかように解決することを祈って、千代の御神楽となります。

DSC00184.jpg


動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016.09.09 |

コメント:

祭りのかおと

明日土曜日は北辰神社神楽大会でしょうか?宮城県に用事で北辰神社を通った所ブルーシートを張って作業していたのを一瞬車で通ったとき見かけましたもので。おわかりでしたら日にちとプログラムを教えていただけないでしょうか。

2016-09-09 金 21:52:37 | URL | 神楽追っかけ様へ #- [ 編集]

Re: 祭りのかおと

コメントいただきありがとうございます。

今年は所用で北辰神社神楽大会へは参りません。プログラムは次のとおりです。


9/10 第56回宮城岩手選抜神楽大会

奉納神楽 大森神楽「翁舞」 前年度優勝

1 達古袋神楽「弁慶安宅の関」
2 赤谷神楽「鞍馬山の牛若丸」
3 牧澤神楽「宝剣納め」
特別出演 岩手大学民俗芸能サークルばっけ
   「鳥舞、三本柳さんさ」
4 長下田神楽「高野山物語より石童丸」
5 川北神楽「牛若丸と鬼一法眼の兵法争いの場」
6 白浜神楽「宝剣納め・盗取」
7 大平神楽「葛の葉 子別れの場」
8 栗原神楽「熊谷小次郎直家矢負いの場」
9 館下神楽「敦盛と直家の戦いの場」
10 嵯峨立神楽「笹結び」
 神事
11 岡谷地神楽「軍勢借り」
12 城生野神楽「八岐の大蛇退治」
13 特別出演 大森神楽「田村二代」
 

2016-09-10 土 16:06:21 | URL | 祭りの追っかけ #- [ 編集]

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -