2016.08.21 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

浦浜念仏剣舞 @ 三陸みなと祭り2016

さて、本日は三陸みなと祭り2016から、地元越喜来地区の浦浜に伝わる浦浜念仏剣舞についてです。

概略について「浦浜念仏剣舞オフィシャルページ」から抜粋

発祥等は不詳だが、江戸時代中期またはその後に始まったものと推測されている。地元では「けんばい」ではなく「けんべぇ」といわれている。
 念仏剣舞は「反門(へんまい)の呪術的性格と浄土信仰とが結合したもの」といわれている。
浦浜剣舞は胴取り(太鼓)、笛、踊り手と構成される。踊り手は八人構成を基本とし、全員仮面をつけ、踊りの中心ささらは赤地の三番叟、主剣舞から四剣舞の五人は毛ザイ男山と女山は鳥兜をかぶる。
 衣装の両袖を脱ぎ背中に付け、両肩を赤い縁取りで高く盛り上げていることから、「脱ぎ垂れ剣舞」または「肩怒り剣舞」の異称をもつ独特のスタイル。
 踊りの演目は七つ、念仏踊・一本扇子・二本扇子・綾踊・十五・長刀・高館(タカダチ)が伝えられている。
 毎年八月、地元「円満寺」の施餓鬼法要を踊り初めとし初茶者(新盆)供養、先祖供養で地区内の家々を訪ね縁側に出された位牌を前にし踊る。
とあります。

IMG_5813.jpg

先の震災での状況について同HPより

東日本大震災の津波により合同詰所は無くなり多くの道具が流失。
刀数本と面数枚、シカ数枚だけしか発見することができませんでした。
獅子躍の方は、大体が会長宅で保管していたため難を逃れましたが、合同詰所に置いてあったものや、個人で保管していた衣装や太鼓が流失しました。
合同詰所が無いことで、最も不便なのは…。道具の保管場所。芸能団体には、仮設住宅的なものは対象外らしく、自前で設置。仮設保管庫として、会長宅敷地内にトラックの荷台を設置しました。

ということですが、この日時間があったので、山間部にある浦浜念仏剣舞さんの伝承館を訪問しました。
様々な支援を受けながらも、越喜来の皆さんの力によって立派な伝承館が出来上がっていました。
古水会長さんの努力が推し量れるとともに、これからの活躍も期待されます。



さて、舞についてです。
三陸の念仏剣舞は昔は面を用いていなかったそうである。(森口本P834)
主役のササラが亡者の一人一人を念仏により折伏していく所作は衣川の川西念仏剣舞からの伝来と考えられる。
シカ(腰に付ける大口)に刀を通す孔を開けるのも衣川とここだけである。
してみると、ここのササラの役回りは川西(や胆沢)念仏剣舞におけるカッカタと同じではないのか。(それで真っ赤な烏帽子なのかも)

IMG_5806.jpg

最後は伝承の要、子供たちによる剣舞です。
震災後の復興を担う主役はこの子たちです。
引き続き応援して参りたいと思います。

IMG_5809.jpg

動画でどうぞ。


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016.08.21 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -