fc2ブログ
2012.05.07 | Comments(2) | Trackback(0) | カテゴリ祭り

大須八幡神社春の大祭 3

神楽舞台の忌竹は注連縄を張り巡らすための支柱的な意味と共に神籬の役目があるであろう。
浜の漁師たちは船にフライ旗を掲げるために青竹を立てる。
これも大漁の神様を呼び込む神籬なのではなかろうか。
その証拠に青竹の先穂の笹は必ず残してある。

DSC09204.jpg

さて、大須八幡神社春の大祭より雄勝法印神楽の岩戸開きを。

            天児屋命               太玉命
DSC09208.jpg  DSC09221.jpg

            天手力雄命              天鈿女命
DSC09235.jpg  DSC09241.jpg


天手力雄命が岩戸を開く場面であるが、法印神楽の舞台だと大舞台とは別に竜宮御殿を造りそこに岩戸を模した屏風等を立てるのであるが、雄勝の法印神楽の場合、祭りでは宮守宅の座敷が”竜宮”になるらしく外からでは撮影ができなかった。

で、最後の天手力雄命vs素戔嗚尊の戦いで山場を迎え、天手力雄命が勝利をおさめて幕入りとなる。

DSC09284.jpg

動画でどうぞ。


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2012.05.07 |

コメント:

明日は休みなので今日は

自主練習とDVDで神楽鑑賞でした。

そうですよね…私も宮静めは他の神楽を知るまでは荒舞、サンヤ舞、組神楽と思って居たのですが、実に様々ですね・・・
宮静めと書く場合は女舞?で特に流神楽では天照大神の清め舞で、女舞の基本だそうです。(御儀式の中の一つ)
宮鎮めや庭鎮めなど。。。と書くと荒舞の場合が多いようで、式舞と言うより特別なときの祈祷舞で地固め(建て初め・落成式)とか、不浄祓いの舞と聞きますが、こちらは団体により神名が異なっていたような?

宮静めだけでなく、こういった演目はありますよね?浜神楽の初矢と流神楽では内容がやはり違います。
これから勉強していきたいと思います。

大崎八幡と薬莱神社三輪流は流神楽の旧形だと聞いているので、現在の上沼と浅部の神楽と同じかもしれませんね 南部神楽を好きな人からすれば前半で飽きるかもしれません…
三の足、印寅が多々入り供米を撒く所作の他に二巻所と言う扇と鈴を持ち四方に回る崩しが入りますが、終始のんびりした調子でストーリーがある神楽では当然ないので鑑賞初心者にはつまらない演目かもしれませんね・・・

2012-05-09 水 01:36:49 | URL | 富主非女 #- [ 編集]

静めと鎮め

なるほど、今度から静と鎮のどちらで表記しているか舞い方と比較して見ることもよさそうですね。
そう言われてみると私も庭鎮=荒舞でしたので女舞の方を探してみます。

2012-05-10 木 00:06:10 | URL | 祭りの追っかけ #- [ 編集]

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ