2016.06.23 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリシシ踊り

福岡の鹿踊剣舞 @ 第31回みちのく鹿踊大会

さて本日は、第31回みちのく鹿踊大会より福岡の鹿踊・剣舞についてです。

由来については宮城県HPより

「剣舞は慶安2年(1649)に、鹿踊は寛政4年(1792)に旧福岡村に伝えらたとされる。両者は不即不離の関係にあり、1対として伝承された。鹿踊は災いや病害虫を除き、五穀豊饒を祈願する踊りで、9頭の鹿役と2人の笛役で、また剣舞は悪魔退散、天下太平を祈願するもので、扇の舞、剣の舞等の演目がある。もとは、どちらも祖霊供養に戸毎に巡って踊られていた。
本芸能では、複雑な演舞の技法が正確に伝えられており、装束、唯子、踊歌、舞振等の様式や慣行は、修験道の古い信仰の形を残している。」とあります。




いわゆる仙台鹿踊の八幡堂系で、鹿頭は権現頭風で額に建物という飾りが付き、顎が動くタイプである。
後ろ腰には毛采のついたササラを差し、根元には五行色の布を垂らしている。


IMG_4311.jpg

鹿踊が終わると入れ替わりに剣舞が入場し、和尚の鉦と歌上げの讃念仏に合わせて踊る。

これら鹿踊と剣舞は、現在では盆供養の門かけはなくなり、11月3日の鷲宮神社の例祭で演じられるのが常となっているようだ。
保存会を結成し、現在では25名程の会員っで伝承活動をしているということだ。

IMG_4353.jpg

最後に和尚が二本刀を取って舞う。

「慶安二年6月中旬、奥州仙台宮城郡之内、国分福岡村、鶇田彌作郎」の奥書ある「釈迦舞流劔拝巻」という巻物に次のような唱言がある。
玉体安全天上無窮心水祈禱冥加正直
光明遍照 十方世界 念仏衆生 摂取不捨 南無阿弥陀仏
正極楽正法蓮台正淪盤塞内経盆内経天神三王経南無八幡之諸之経四千奇妙南無阿弥陀仏
                     (本田安次著 宮城県の神楽と舞踊 より抜粋)

IMG_4378.jpg

動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016.06.23 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -