2016.06.16 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

赤谷神楽 屋島合戦忠信兄継信尋ねの場@第12回神楽共演石越大会

本日は赤谷南部神楽保存会さんの屋島合戦より忠信兄継信尋ねの場です。

その前に、赤谷神楽さんの由来について

「明治二六年、鈴木築吉が庭元となり岩手県西磐井郡花泉町、上油田神楽の佐藤和三郎師匠の指導により、橋向神楽を創設する。
昭和二六年、工藤文市が庭元となり内容の充実を図り、赤谷神楽と改称した。
初代庭元鈴木蕊吉、現在の庭元工藤貞夫は五代目である。」

ということなそうです。現在の代表は小野寺和夫さんです。



舞台は屋島合戦の激戦のさなか、大将同士の戦の場面です。

平家方の大将平教経は弓の名人と言われていました。

DSC07820_2016061620301206a.jpg

迎え討つ源義経は降り来る矢を打ち払います。

DSC07823_2016061620301486c.jpg

その様子を観ていた家来衆の佐藤兄弟が中に割って入りますが、兄継信は管矢を胸に受けて負傷します。

DSC07829.jpg

戦い終わって日暮れの浜辺を弟忠信が兄の姿を探して歩きます、すると遠くで微かに呼ぶ声が。

DSC07840.jpg

兄を探し当てたが瀕死の様子。
弟忠信に抱えられながら「主君義経公に会いたい」と思いを語ります。
二人は四国高松城へと道行きするのでした。

DSC07851.jpg

動画でどうぞ。


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016.06.16 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -