fc2ブログ
2012.05.04 | Comments(2) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

岩手県南宮城県北神楽大会 その5

今日から連休後半だというのに台風並みの雨風で、沢山のお祭りが予定されていたであろうが、中止になったり、ビニール被ったり、傘被ったり(この表現、岩手県内でも「傘をさす」と「傘をかぶる」と言い方が異なる。伊達南部の違いか?)
大変だったろうと思う。

さて、今日は岩手県南宮城県北神楽大会より昨年度の優勝チームということで、審査集計中のアトラクションとして蓬田神楽さんが上演。
宝剣納めである。

蓬田神楽さんの由来について南部神楽の系譜より

「舞草神社は一時期舞草穴倉地内に社地があった頃、神職が大権院神楽を奉納していた。
当時の神楽の師匠は、穴の倉の佐藤円吉、次いで蓬田大助であった。
明治初期、蓬田一族の氏神天神様に神楽を奉納するため、蓬田大助が庭元となり、東磐井郡長島村南部神楽の流れをくむ赤伏神楽の指導を受け、蓬田神楽を創設した。
初代庭元蓬田大助、二代伊藤寅之助、三代蓬田清吉、四代佐藤松治、五代蓬田稔である。」

あらすじはパンフレットより

「神代の時代、乱暴者の神、素戔嗚尊は天上界を追われて出雲ノ国に降り立ち、老夫婦と娘を助けるために八岐の大蛇を退治した。その際、大蛇の尾の先から一本の剣を取り出し、「天叢雲」と名づけ熱田の宮に奉納する。
これを知った岩長姫は、この奉納された宝剣を何とかして手に入れようと企て、鬼女に変化して一旦は手にする。それを見ていた日本武尊はそれを許すまいと争い、その鬼女を退治して宝剣を取り返し、元の姿に戻すのでした。」

とある。

まあ、それはさておき蓬田神楽でいつも感心させられるのは装束が端然としていることと、自ら彫っているという面の拵えの見事さである。

素戔嗚尊の宝剣納めの場面



磐長姫に化身した鬼女が宝剣を窺う。
この場面の山の葉舞は蓬田神楽の得意とするところではないか。
鉾と扇をうまく使い華やかな舞に仕立てあげている。


DSC09082.jpg

宝剣の前で面を変える演出によって鬼女が変化する様を観衆は即座に理解する
緊迫した局面といえる

DSC09110.jpg

逡巡の後に鬼女は遂に宝剣を奪う。
鬼女の長ザイから二本の髪が前に垂れていてそれをうまく操ることで凄みを出している。
他の神楽団体でも同様だがここが宝剣奪い返しの山場のような気がするのでじっくりとオドロオドロしくやってほしい。。。

DSC09121.jpg

日本武尊との荒事のあとで宝剣草薙の剣は熱田神宮に無事奉納されるわけだが、ここでの主役は磐長姫化けたる鬼女であるように思う・・・といつも思っています。インパクト強いからな~。

DSC09125.jpg

動画でどうぞ。


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2012.05.04 |

コメント:

厳美は

ありましたよ。雨天で農作業がない割にはちょっと客入りが少ないように思いましたが…

達古袋神楽さんは他流で興味を持った最初の神楽でした。
龍神舞だったか?以前に見たような記憶があります。
うちの神楽もですが、どの演目が古いかあるいは流伝ものか判らないものが多いですね~
演目的には古くても自分の神楽では新たに取り入れたものだったりと様々ですね。

2012-05-05 土 10:06:04 | URL | 富主非女 #- [ 編集]

牧澤神楽さんが優勝

だったようですね。
3日4日の日は所用でどこへも出かけられずでした。
南部神楽においての神楽演目については確かに面倒ですねぃ。
宮城県北から岩手県南はいろんな神楽のクロスロードになっているせいかもしれません。
南に太々神楽系、東に法印神楽(浜神楽)系、西に鳥海番楽系、北に早池峰山伏神楽系・・・と
ルーツはそれぞれでも伝承過程で他流との交流があったり、模倣があったり。
それも民俗芸能の面白さなのかもしれません。

ところで嵯峨立さんには道祖または宮鎮のような演目はありますか?

2012-05-06 日 11:45:08 | URL | 祭りの追っかけ #- [ 編集]

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ