2016.03.11 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ民俗

3.11 5年目に寄せて

今日は3月11日。春彼岸までもうすぐで、春風を感じる季節ではある。

しかしながら、今から五年前の今日、東日本・・・宮城県牡鹿半島沖合を震源地とする巨大地震と、それに伴う未曾有の大津波が東北の人々の日常を一変させました。

今日も、2時46分に市役所のサイレンを聞き、黙祷を捧げながらあの日の行動を反芻している。

電気が全てシャットダウンした中で、電池式のラジオがあったことを思い出し、電池をセットしてラジオをつけると臨時ニュース「三陸沿岸部では10mの津波が・・・」 それを聞いて、自分が過去にいた沿岸部を思い出し、10mの津波ではひとたまりもないと直感したことを思い出す。

閑話休題

小正月から春彼岸にかけて、奥州市の各地では、念仏供養の行事が盛んだ。

これは奥州市衣川区に伝承される「北股の念仏」である。
本来は、信徒たちが家々を巡って経文を読み上げて、その代償として絵図に残したものです。


これは近年まで途絶えていたものを復活させたということ

IMG_20160222_0001 (1)

次が一関市赤荻地区の百万遍です。


IMG_20160311_0001.jpg

このように、百万遍というのは、様々な講中等の方途があったことと思いますが、願うことはひとつ!「命の永らえ」であり、さらにできれば現世利益の長きことを願う経文だと思います。

関連記事

2016.03.11 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -