2016.03.08 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

城生野神楽 屋島合戦(継信最期の場)@第37回志波姫神楽鑑賞会

さて、本日は第37回志波姫神楽鑑賞会から大トリです、城生野神楽さんの 屋島合戦継信最後の場についてです。

その前に、城生野神楽さんの由来について定本より


「嘉永年間(一八四八)富野城生野の富助が岩手県西磐井郡萩荘村市野々、自鏡山の山伏神楽を習得した。後部落の若者達に指導して城生野神楽を創設した。
以来城生野神楽は、山伏神楽の正統を保っているので宮城県北の神楽の総元締である。
初代庭元千葉幸之進、現在の庭元加藤義勝は五代目である。
昭和三六年一一月、築館町の無形文化財に指定されている。」

とあります通り、幕末に自鏡山の法印神楽を習得して以来、明治中期に阿久戸神楽に伝承したのを初めに、栗原地方の十数団体に神楽伝授を行なってきた団体であります。現在の代表は佐藤安美さんです。

この日の胴取は佐藤涼さんです。



演目は屋島合戦から、義経主従と能登守教経勢が激戦を繰り広げ、源氏方の勝利に終わったが佐藤継信が命を落とすという悲劇の物語です。

IMG_2590.jpg

戦いは義経と能登守教経の大将戦となり、教経の矢面に立って主君義経を守らんとする継信が奮戦します。

IMG_2601.jpg

そこへ、教経配下のワッパの菊王丸が管矢を差し出し、この矢をお使い下さいと願い出ます。
教経の放った管矢は継信の肩から脇腹を射抜き、継信は深手を負います。

IMG_2607_20160308203550d85.jpg

義経は継信の姿が見えないことに気が付き、忠信に行方を探すよう命じます。
夕暮れとなった砂浜を探り歩く忠信に遠く微かに兄の声が聞こえます。

胴取さんの口説がかかります

〽 遠く微かに声がする 敵の管矢にかかるとは 情けもないぞよ 継信よ

IMG_2617.jpg

継信は今一度主君義経に会いたいと願います。
忠信は兄を背負って高松城へと向かいます。
主君と最期の対面をした継信は辞世の和歌を詠みます

〽 東より 四国八島の磯に来て 君の命をここに継信

IMG_2622_20160308203553816.jpg

義経と忠信は、継信が彌陀の浄土に座るよう念仏を唱えて弔うのでした。

IMG_2630.jpg

ところで、来年の志波姫地区神楽鑑賞会は平成29年2月26日(土)に開催いうことですので、是非皆さんのご予定に入れて頂ければと思います。


動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016.03.08 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -