2016.01.30 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ諸芸

古城林恵比寿舞@前沢郷土芸能祭

前沢郷土芸能祭から今日は古城林恵比寿舞です。

由来については、160年前の弘化3年に林地区の長右エ門が舞ったのが始まりで、伝承者の高齢化で途絶えたが、昭和58年に地区有志で復活させたとのこと。

後ろで七福神の装束をしている方々は囃子方なので、七福神を舞うわけではないようです。




恵比寿様は腰につけた魚籠から餅を取り出して、餌撒きならぬ餅まきで会場を沸かせました。

IMG_1481.jpg

ちなみに、こちらの組みでは釣り上げる魚には常に本物の鯛を使っているそうです。
皆さんお元気でいつまでも続けていってほしいと願います。

IMG_1486.jpg

動画でどうぞ。



関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016.01.30 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -