2015.10.30 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

城生野神楽 岩戸開き@第38回平野神社奉納神楽大会

さて本日は城生野神楽さんの岩戸開きです。

その前に、城生野神楽さんの由来について定本より

「嘉永年間(一八四八)富野城生野の富助が岩手県西磐井郡萩荘村市野々、自鏡山の山伏神楽を習得した。後部落の若者達に指導して城生野神楽を創設した。
以来城生野神楽は、山伏神楽の正統を保っているので宮城県北の神楽の総元締である。
初代庭元千葉幸之進、現在の庭元加藤義勝は五代目である。
昭和三六年一一月、築館町の無形文化財に指定されている。」

とあります通り、幕末に自鏡山の法印神楽を習得して以来、明治中期に阿久戸神楽に伝承したのを初めに、栗原地方の十数団体に神楽伝授を行なってきた団体であります。現在の代表は佐藤安美さんです。



さて、岩戸入りです。

幕だしは 〽 センヤハー 天岩屋に閉じこもりホー

最初に天児屋根命が出て、日読命が岩屋に閉じこもったが、いかにして表に出てもらうか思案する場面からです。

IMG_8181.jpg

天児屋根命の「他に神々なきかよのー」という呼びかけに対して、次々に諸神が現れます。
最初は天高皇産霊尊が出て、注連縄を天児屋根命に渡します。
これは尻久米縄のことで、日読命が岩屋を出た後に使用される結界のためのものです。


IMG_8184.jpg

天鈿女命が扇を手に現れ、岩屋戸の前で日読命をおびき出すために御神楽を舞います。
華麗な扇御神楽ですね。

IMG_8193.jpg

最後に責めの拍子で手力雄命が登場

IMG_8195.jpg

天の岩屋戸の扉の岩を海中に投げ込み、日読命を中から導き出します。

IMG_8199.jpg

そして、再び世界が明るくなったことを寿ぎ千代の御神楽を舞います。
この日は舞台の下で城生野神楽の神楽師さんたちのお子さんが「協賛参加?」で一生懸命踊っていました。

ちなみに、この大会では城生野神楽さんは第3位。
そして、一番若い舞手の千田吏嬉君が審査員特別賞に輝きました。頑張れ!

IMG_8206_201510302005308d9.jpg

動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2015.10.30 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -