2015.08.26 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

和田神楽 五体領の舞@ 第40回胆江神楽大会

さて、本日は第40回胆江神楽大会から和田神楽さんの五体領の舞についてです。

和田神楽さんの由来については定本より

「昭和七年、江刺郡田原村小田代、川内神楽の師匠菊地庄右エ門師匠他六名の師匠の指導にて、和田神楽を創設した。
二代庭元及川弘二、三代及川喜三郎、四代菊地輝雄、五代菅原真悦、佐藤卯三郎は六代目である。
昭和五六年、和田神楽創立五○周年記念式典を行っている。」

とありますが、現在の代表は佐藤隆司さんです。そして、和田神楽は小川原流和田神楽と称していますが、この小川原流というのは元になった瀬台野神楽の明治初年代の神楽師匠である小河原房松からとったものという。



さて、演目の五体領の舞は土用の由来を説いた物語で、五大領とも所望分等とも呼ばれて多くの神楽団体で演ぜられています。

あらすじを当日の和田神楽さんのページから引用

「天神七代の昔、五体の神の領日争いの舞です。春の神「天相の命」、夏の神「天の三家の命」、秋の神「天八百日の命」、冬の神「天人家命」がそれぞれ90日ずつ領しておりましたが、その後から生まれた「天八十萬玉命が自分にも四季を分け与えて下さいと御願いしましたが、四季の神達に断られて争いとなります。これを見た「天御中主命」が仲裁に入り、四季90日から18日分を四土用として天八十萬玉命に分け与え、それぞれ72日を司ることで、問題が円満に解決してお互いに喜び合う舞です。」
とあります。五行思想によるものですが、神楽の流派によって神々の名が異なるのが興味深いです。


幕出し歌 〽 五大領神の すうしゃを呼ぶべし   五大領神の すうしゃを呼ぶべし

IMG_4906.jpg

四方切りをしながら天八十萬玉命が舞い出ます。山の端舞です。

IMG_4908.jpg

次に、四季の神々が出てきて、天八十萬玉命と四季分けについて問答の後、交渉が決裂して戦いになります。

IMG_4915.jpg

そこへ、天之御中主神が現れ、四季の間に18日ずつの土用を入れることで収めます。

IMG_4926.jpg

めでたく解決したところで千代の御神楽、崩し舞で舞い納めます。

IMG_4930.jpg

動画でどうぞ。


関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2015.08.26 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -