2015.07.31 | Comments(4) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

長下田神楽 忠信、兄継信尋ねの場 @第38回みちのく神楽大会

本日は長下田神楽さんの忠信、兄継信尋ねの場についてです。

その前に、長下田神楽さんの由来について

「明治26年(1893)、岩手県西磐井郡花泉町の上油田神楽の南部神楽師 佐藤和三郎を師匠に招き、五穀豊穣を祈願して「橋向神楽」として創設されましたが、その後、二つに分かれ、昭和24年(1949)池田清治を師匠に「長下田神楽」として継承され、現在に至っています。」

とあります。現在の代表は猪股一雄さんです。

nageta22.jpg


さて、一の谷合戦の場面ですが、長下田神楽さんでは最初に平家方の武将、王城一の強弓精兵と言われた平教経が登場します。もちろん荒方です。
わっぱの菊王から受け取った管矢にて、源氏の武将佐藤継信を討ち取った、次は判官義経を射つなりと気炎を上げます。



場面変わって、義経が出て、家来の継信の姿が無いことに気づきます。

M1010026.jpg

そこで、継信の弟忠信に捜すよう命じます。

M1010030.jpg

「頃は弥生の三十日の晩、暗さも暗いよ、見て見えず。空に紫雲たなびき星一つだに無し。ここはいずこぞ、皆敵の国」と詠いながら捜す忠信。

はるか砂浜の向こうから兄の呼ぶ声が。

M1010033.jpg

継信は主君義経と弟忠信に形見を残して息絶えます。


M1010036.jpg

動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2015.07.31 |

コメント:

長下田神楽さん上手ですね。
この日の大会は、太鼓の方のマイクがイマイチでしたね・・・

2015-08-01 土 00:16:33 | URL | 義経 #SERgzmzY [ 編集]

Re: タイトルなし

義経様 いつもコメント頂きありがとうございます。

長下田神楽さんはビシッとくる太鼓の調子とともに、舞手のメリハリある指し手が心地よいですね。

南部神楽の場合は、舞手のセリフを拾うために沢山のワイヤレスマイクを駆使しなければならないので、放送機器の調整がとても大変だということはよくわかります。
しかし、神楽なので全体の進行状況もわからないと話にならないし・・・難しいですね。

2015-08-08 土 23:21:09 | URL | 祭りの追っかけ #- [ 編集]

個人的には、胴取のマイクはピンではなく、普通のマイクのほうが手平鉦の方の声も入り迫力が出ると思うのですがね。ピンだと音が割れるので・・・
昔のビデオでは、胴取・鉦数名の声が合わさり気持ち良いものでした。

音響さんも大変ですね。

2015-08-08 土 23:33:06 | URL | 義経 #SERgzmzY [ 編集]

Re: タイトルなし

義経様 いつもコメント頂きありがとうございます。

南部神楽の音響調整は本当に大変ですね。
胴取りに関しては、ピンマイクどころか、最近ではインカムつけたりするので、益々ピンポイントの音しか拾わなくなりますね。
また、ある一部の試みでは舞台の四方に集音マイクを設置して「場としての音」を拾って拡声するというものもありますね。

いずれ、昔通りに建物の一室(農家の常居みたいな部屋での)神楽が演じられるのを鑑賞するときは、胴取りの神歌はもちろん、舞手の面の内側から籠もったコワが聞こえてくる臨場感が一番だと思いますね。


2015-08-11 火 19:55:47 | URL | 祭りの追っかけ #- [ 編集]

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -