2015.06.23 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

赤谷神楽 義経中尊寺月見坂の受難@ 神楽共演石越大会

本日は赤谷神楽さんの義経中尊寺月見坂の受難についてです。

その前に、赤谷神楽さんの由来について

「明治二六年、鈴木築吉が庭元となり岩手県西磐井郡花泉町、上油田神楽の佐藤和三郎師匠の指導により、橋向神楽を創設する。
昭和二六年、工藤文市が庭元となり内容の充実を図り、赤谷神楽と改称した。
初代庭元鈴木蕊吉、現在の庭元工藤貞夫は五代目である。」

ということなそうです。現在の代表は小野寺和夫さんです。



演目は藤原秀衡の死によつて平泉にいることが出来なくなつた義経は中尊寺・月見坂で女刺客に襲われながらも、弁慶に救われ難を逃れます。義経は平泉を去る決意をし、金色堂に参詣し、亡き秀衡に別れを告げると、そこへ亡き秀衡が現れ、弁慶と義経を導き、平泉を去るまでの場面です。


義経さんです

DSC03599.jpg

刺客の上臈です

DSC03604.jpg

下戸の義経にいろいろとあっって酒を飲ませ、その隙に命を狙います

DSC03621.jpg


義経の窮地を弁慶が割って入り、義経の一命を取り留めます
その後は、亡き藤原秀衡に詣でて更に北をさして行くという場面です

DSC03629_20150623175056875.jpg


.動画でどうぞ

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2015.06.23 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -